アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「仕事」のブログ記事

みんなの「仕事」ブログ

タイトル 日 時
春の定修のはじまり
春の定修のはじまり プラントメンテナンス会社で監督業務をしてます。見積もりした予算で工場内設備・装置のメンテナンスを計画し、職人さんに腕を発揮してもらい工事を進める仕事です。わかりやすく言うと、「プロデューサー兼ディレクター」です。(時には自ら手を下します。)非破壊検査屋ですと自己紹介するよりも、後の説明が楽になりました(笑) ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2017/03/18 21:38
2015.12.18 のひと叫び
2015.12.18 のひと叫び 本日は液化窒素で機器を高圧加圧していました。冷却器で液体窒素が気体になる際にその冷却器に触れている空気から気化熱をうばうことでできるパウダースノーのような霜で、こっそりと雪だるまを作るのだけが楽しい…、というのも、加圧中は加圧経路のどこかで圧力が漏れないかどうか監視するのが仕事で、はっきり言っちゃえば退屈なのです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/12/18 23:25
誰だよ防寒着着て仕事してるのは?
誰だよ防寒着着て仕事してるのは? 今日は一日事務所にてパソコン仕事。ExcelとAutocadを行ったり来たりしながら工事計画書を作成しておりました。現場を確認するためにちょっと外に出ただけで吹き出す汗。厳しい残暑です。プラントを一巡りして戻ってくるとエアコンでめちゃ冷えの室内が気持ちイイ…のも束の間、すぐに汗で濡れたシャツまで冷えてゆき今度は凍えそうになるのです。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/08/20 22:32
バナジウムのおはなし
バナジウムのおはなし バナジウム、と言えばスパナ等の工具鋼を思い浮かべるようでなければエンジニアではありません(たぶんw)。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2014/07/23 21:40
お仕事メモ(管用テーパねじと管用平行ねじ)
お仕事メモ(管用テーパねじと管用平行ねじ) タイトルのとおり、お仕事用メモです。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/06/16 22:28
自由監督
自由監督 今日は3つの現場を行ったり来たり。実作業は職人さんが行い、僕は作業指示と現場管理です。ようするに監督のお仕事なわけですが、これこそ前記事で書いた「オールマイティ」な仕事かもしれません。いくつかの「オーソリティ」を連絡させ全体の流れを調整調和させるのです。オーケストラの指揮者とも言えます(ちょっと言い過ぎ)。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/05/26 20:16
たまには溶接技術の話でも
たまには溶接技術の話でも TIGのアークは電極の先端から出るのではない、と以前書きました(→ 「タングステン電極棒を磨く」 http://niwatadumi.at.webry.info/201009/article_5.html )。研磨した場合先端からではなく削られてできたテーパー部分から出るので、電極を針のように鋭く研磨して尖らせると、そのテーパーの面積が大きくなるためアークはかえって広範囲から出ることとなり、結果として拡散し溶け込みが浅くなる、というわけでしたが、今回はその応用編。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/05/13 22:08
現場で「寒い」と口にするのは負けなのだ
現場で「寒い」と口にするのは負けなのだ 毎日寒い日が続いておりますが皆様いかがお過ごしでしょうか。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2014/02/19 23:23
ボルト余長3山、すみ肉脚長 t/3
ボルト余長3山、すみ肉脚長 t/3 日々疑問に思いながら忙しさにかまけて(ということにして)なおざりにしている事って、たくさんあります。ムスメには疑問点はすぐに調べろと言いながら、自分の領域は放置プレイ…。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2013/12/13 19:47
この工具は何?
この工具は何? 初めてスマホを買ったときに、テレビから流れてきたCMソングとか、繁華街で聞こえてきたBGMのタイトルを教えてくれるアプリが入っていました。物珍しさから少し試しただけですぐに使わなくなりましたが、世の中便利になったもんだねと思ったものです。 草花の写真をアップロードするとその名前を教えてくれるWEBサービスもあり、今では人名を入力すればネット上にあるその人の画像をズラズラと表示してくれる検索サービスもあって、ちょっと怖い気もします。 同様に、これはいったい何だろう、と名称はおろか使途さえ不明の... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/11/27 21:20
ボルテックスガスケットによるすき間腐食
ボルテックスガスケットによるすき間腐食 このところ機器・配管の脱着ばかりやっていることもあって、やたらと目につく鋼の腐食(錆)。事故などの外力や溶接による残留応力等による物理的破壊ではなく、水や酸素との反応による化学的破壊(破壊なのか、あるべき姿に戻るのか…)は、時間をかけて徐々に進行してゆく劣化であり、オジサンとしてはまるで己の行く末を見るかのような思いで眺めてしまうのですが…。やたらと目につく理由は実はそのへんに―視覚的物理的ではなくホルモン的化学的な(?)―あるのかも知れません(何を言ってるのやら)。 で、今日はボルテックスガ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/11/02 21:10
フランジ締結ボルトの異種金属接触腐食(その2)
フランジ締結ボルトの異種金属接触腐食(その2) 昨日の続き。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/10/27 22:23
フランジ締結ボルトの異種金属接触腐食(その1)
フランジ締結ボルトの異種金属接触腐食(その1) このブログでは幾度となく採りあげてきた金属の腐食事例、今回もとある現場で見つけた異種金属接触腐食(ガルバニック腐食)をご報告。 といっても機器を開放したときにしか見られない部分(→ http://niwatadumi.at.webry.info/200808/article_15.html )ではなく、工業地帯のどこの工場でもおそらく普通に見られる腐食なので今更感は否めませんが…。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/10/26 21:09
計測機器を信用し過ぎてはアカンで
計測機器を信用し過ぎてはアカンで 業界の月刊誌、今月号は僕の読めるところがない。一瞥して書棚のコヤシです。でももったいないからブログネタくらいにはしておこうかと思います。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2013/10/05 00:14
定修の長いトンネルを抜けると秋であった
定修の長いトンネルを抜けると秋であった 6月後半から始まった今年の定修モードがようやく終わりを迎え、ふと気付けば熱中症対策に明け暮れた季節はとうに過ぎ、星落秋風五丈原(いや、誰も死なないケド)。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/10/01 22:15
V社製ガスケットNo.6503でガッカリした件
V社製ガスケットNo.6503でガッカリした件 V社製ガスケット、 No.6503 ノンアスジョイントシートが過大な締め付け力で破断するお話は、1年ほど前に記事にしました(→ http://niwatadumi.at.webry.info/201206/article_8.html )。本日は全く違う側面からこのガスケットのマズい点を報告しておきます。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/05/14 21:30
SUS316L配管フランジのすきま腐食
SUS316L配管フランジのすきま腐食 久々の設備損傷事例です。海水系ポンプ周りSUS316L配管フランジにおけるすきま腐食。金属同士やパッキンとのすき間においてすき間内外の濃淡電池によって腐食が進行する現象で、Cl-(塩素イオン)環境ではよくある腐食です。海水配管中で生育しちゃったフジツボと管の間でも起こるといいます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/04/15 22:38
配管フランジ継手のボルト差替え作業をのんびりと(意外とセンシティブ)
配管フランジ継手のボルト差替え作業をのんびりと(意外とセンシティブ) すっかり春めいた穏やかな青空の下、桜並木ならぬ配管の森に分け入ってお仕事。現場配管フランジ継手のボルト差替え作業をば、しておりました。 近々始まる貯槽の開放検査工事の関係で開閉予定のフランジ継ぎ手のボルト&ナットを新品に取り換えるので、前もってやっつけておけば開放本番時にスムースに作業ができるという魂胆です。ただし配管の中にはまだ流体が残っているのでフランジ締結力を喪失しないようにボルト差替えは1本づつ行います。先日塗装を剥離して潤滑剤スプレーしておいたので割合ラクチン作業。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/03/06 22:24
タップたてる(つけまつける、的な?)
タップたてる(つけまつける、的な?) 昨日。 風もなく穏やかな冬晴れの午後。 のんびりとM10サイズのねじ穴を60か所ほど、タップ立てしてました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/02/01 21:48
手抜き(プライド抜き)溶接
手抜き(プライド抜き)溶接 写真の管フランジは同じ時期(10年以上前)に製作したものです。よく見ると右と左で形状にちょっと違いがあります。フランジのシート面から管内部に入る部分。左は斜めに落ち込む形状ですが右側のは段差になっています。 この段はリング状のフランジ内側に突っ込んだ鋼管の管端なのです。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/09/21 20:52
暑中お見舞い申し上げます2012
暑中お見舞い申し上げます2012 毎日猛烈な暑さが続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。 僕は毎日炎天下にさらされた鉄のジャングルをさまよい歩いております。 でも熱中症対策はしっかりやっとかないと会社的にマズイので、現場に日除けネットを張って日陰をつくったり、写真のような送風&ミスト噴霧装置をリースしてきたりと安全にも気を配っているのです。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/08/02 23:05
鉄アレイのようなボルト&ナット
鉄アレイのようなボルト&ナット M64のナットです。こいつを緩め、フランジからボルトを抜き取る作業です。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/07/31 21:00
プラスチック溶接用ホットジェット溶接機
プラスチック溶接用ホットジェット溶接機 金属の溶融溶接だけが「溶接」ではありません。塩ビ管の溶接だってちゃんとJISの資格になっています(JIS Z 3831 プラスチック溶接技術検定における試験方法及び判定基準)。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/07/25 20:57
ノンアスジョイントシートはすぐ切れる
ノンアスジョイントシートはすぐ切れる 石油工業用フランジ規格であるJPI-7S-15のクラス150、1インチのフランジに使われていたノンアスジョイントシート(V社製 No.6503)。石綿製品代替品で、「非石綿繊維と耐熱耐油性ゴムバインダーを混和し圧延加硫したもの」とカタログに書かれていますが、要するに紙だよね…。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/06/27 21:04
タングステン巻き込みについて考える
タングステン巻き込みについて考える 注意!この記事は溶接管理の資格持ちとしての僕自身の思考を整理するべく書き綴ったものにつき、間違いが多々含まれているかもしれませんから、だまされないよう気を付けましょう。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 10

2012/06/19 20:44
ノギスの校正証明書の日付が古くてもいいじゃないか
ノギスの校正証明書の日付が古くてもいいじゃないか 非破壊検査に限った事ではありませんが、日々様々な機器・装置を使用して検査や計測の作業をしています。業界がISOの呪縛に晒されるようになって以降、その機器・装置の校正値について「トレーサビリティ」がうるさく求められるようになってしまいました。「しまいました」と書くと僕がその作法に否定的と取られるかもしれませんが、僕程度が携わる検査において装置のトレーサビリティをさかのぼり確認する事態になったことなんてないのが現実。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/06/09 22:30
1級管工事実地試験の施工体験記述向け対策答案例
1級管工事実地試験の施工体験記述向け対策答案例 のど元を過ぎてすっかり当時の「熱さ」を忘れてしまった感のある「平成23年度1級管工事施工管理技術検定」の実地試験(2次試験のこと)。すでに新年度の受検対策講習会の申し込みも始まっております。合格した後の手続きも落ち着いたところで、受験者誰もが不安になる(?)施工体験記述問題の、僕なりの対策答案を遅ればせながら掲載しておきます。こんなんでいいのか、と思っていただければ、受験前夜もよく眠れるはずです。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/03/28 22:41
1級管工事試験合格
1級管工事試験合格 3か月前に受験した「1級管工事施工管理技術検定実地試験」(→ http://niwatadumi.at.webry.info/201112/article_1.html )、今日が合格発表の日でした。 昼休みに(財)全国建設研修センターのHPを閲覧してみたら、自分の受験番号が見つかりました。その場で本社にいる社長に電話連絡したところ、社長も合格だったとのこと。一緒に受験した協力会社の方も合格。一緒に受験するということで作戦会議を兼ねた昼食会を共にした3人が揃って合格できたことは良かった。という... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 7

2012/03/07 23:10
緑色のボルト
緑色のボルト 緑色のボルト(&ナット)と聞いて「亜鉛めっき緑色クロメート処理(グリーンクロメート)」が頭に浮かぶ方はベテラン機械屋さんに多いかも知れません。逆に若い機械屋さんやねじ好きメンテ屋さん(誰だそいつは?)は竹中製作所の「タケコート」(→ http://www.takenaka-mfg.co.jp/surface/index.html )を想起するでしょうか。何と言ってもマスコミに頻繁に取り上げられている防錆ボルト界の寵児ですから(こうした難しい漢字を使った表現はオジサン臭いらしいですね…。オジサンな... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/03/06 22:31
ダブルナット法でナットを外す
ダブルナット法でナットを外す 先日ボルト&ナットを塗装剥離作業したバルブのフランジを、今日ようやく開放いたしました。バルブ取り外し作業です。20kg程度のモノから200kg近い重さのモノまで、10個近いバルブを3人で取り外しました。重いモノは周りに単管パイプでヤグラ(枠)を組んでチェーンブロックを仕込み、配管から下ろしていきます。軽いモノは当然手作業。すっかり腰が痛くなりました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/02/15 21:56
ボルト&ナットの塗装を剥離する
ボルト&ナットの塗装を剥離する 日がな一日、脱着工事予定バルブのボルト&ナットの塗装剥離作業をしておりました。一昨日・昨日と海っペリは冷たい風が吹き強烈な寒さでしたが、今日は風がやんで日中は日差しの温もりも感じつつ…ケレンハンマーでトンテンカン♪。鼻歌交じりだったりします。 けれどもアタマの中では剥離する場所・位置の確認はもちろん、塗装皮膜の効果的な叩き方を常に意識しているのです(いや、大袈裟じゃなく…)。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2012/01/31 22:30
真冬の怪談 (もとい、階段)
真冬の怪談 (もとい、階段) 先ほどテレビ東京の「ありえへん∞世界」という番組中、【危険すぎる仕事】のコーナーで、富士急ハイランドのジェットコースター「FUJIWAMA」の日常点検業務を紹介していました。地上79メートルの頂上付近で後ろを振り返ったカメラが、今昇ってきた階段ステップがRのために下方へ落ち込んでゆくコワい映像を捉えていました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/01/24 21:39
ウ〜、マンボ!
ウ〜、マンボ! 本日はプラントメンテ屋ではなく丸鋸片手に木工職人。と言っても「マンボ」を作るだけなので技も何も要りません。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/01/16 23:52
♪私は今日まで生きてきました
♪私は今日まで生きてきました 完全なひとりごとで恐縮です…。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2011/11/19 21:17
そろそろ試験勉強でも
そろそろ試験勉強でも 管工事の1級実地試験まで3週間。そろそろ本気モードに移行しないとマズイと思いつつ、仏事やら風邪ひきやらムスメの宿泊学習やら理由をつけては勉強に浸かりきれないのでありました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2011/11/14 23:43
萌え写真はいかが?
萌え写真はいかが? 立冬も過ぎ、いよいよ朝晩が冷えて参りました。夜の帳が降りた頃には空気も冴えてきて、軽い残業の終わりに見やったプラント夜景が一層美しく目に映るのです。 検査屋(工事屋)冥利に尽きる、このひととき。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2011/11/10 21:51
憤りを感じたブログ記事
憤りを感じたブログ記事 DrHironariYamada のブログ 「福島第一原発事故を収束する方法の提案」 2011/10/25(火)  日本の非破壊検査事情 (→ http://blogs.yahoo.co.jp/mirrorcle_hironari/7135173.html ) ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 10

2011/10/26 00:09
電縫鋼管の溝状腐食
電縫鋼管の溝状腐食 SUS304TP-E-G、いわゆる電縫鋼管(正式には電気抵抗溶接鋼管)の溝状腐食です。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/10/20 23:31
こんなこと安全スピーチでは言えない
こんなこと安全スピーチでは言えない このところ僕がその渦中でもがいている定修のみならず、工事現場では安全第一が原則です。遠回りになっても無理せず安全に作業をこなすことが求められています。それは今やどこの現場でも同様でしょう。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2011/09/13 21:59
いわしぐも
いわしぐも 先の日曜日と言えば、台風12号が四国に上陸し西日本を横断していったことで関東への影響が薄れた日でした。 その朝、定修工事の朝礼時恒例の安全スピーチで「台風がそれて良かった」と述べたお偉いさんがいました。近所の方とのおしゃべりや独り言ならまだしも、日本全国から職人さんが集まる工事現場では、まったくふさわしくないスピーチです。 定修には関西方面から応援に来ている職人さんが大勢いるのです。その方たちは実家近くに大きな台風が来たことで心中穏やかならざるものがあったに違いないのです。できれば仕事そっち... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/09/06 22:35
隅肉溶接を補修する前に思い出せ
隅肉溶接を補修する前に思い出せ 隅肉溶接に割れが検出された場合、その部分を除去して肉盛りするという補修方法が採用されがちです。しょせん隅肉なのでくっついていればいい、という楽観的な考えを否定するものではありませんが、たとえば流動物を保有するタンク内の付属物をくっつけている溶接部だったり、液中に浸漬状態となる溶接部だったりした場合にはもうすこし慎重な思考が必要でしょう。 割れが進展して破断に至ったら、流動物と一緒に異物がタンク内を動きまわったり、そのまま配管をくぐってポンプなどの機器に巻き込まれ、2次破壊をもたらすかも知れませ... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/08/11 23:00
定修漬け
定修漬け 本日も汗だく。オシッコは2回きり。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/07/15 23:38
隅肉貫通欠陥PTプチ実験 補遺その1
隅肉貫通欠陥PTプチ実験 補遺その1 相変わらずタイトルはスゴイですが、だまされてはイケマセンよ。大したことないんですから。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/06/22 21:54
出張中です
出張中です 金曜日、月曜日と日帰りで日光市にてお仕事をしていましたが、今夜はようやく現地宿泊が許可されまして宇都宮駅前のチサンホテルに宿を取りました。 6時半から相方と外に繰り出し、宇都宮餃子をアテに生ビール3杯。既にいい気持ちなのでこのまま寝てしまいたいのだけれど、せっかくはなのでスマホから投稿してみます。 餃子はたいへん美味しかったです。入ったお店は駅前の「宇都宮餃子村」。二人で4500円でしたから、安いと言っていいでしょう。味噌仕立ての食べるラー油が置いてあり、これだけでビールがいけてしまうほど旨... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2011/05/31 20:55
日帰り出張to日光市
日帰り出張to日光市 普段は化学工場で設備メンテナンスをしている僕ですが、昨日は日帰りで外部工事に出かけてきました。 会社が原発復旧関連の構造物製作を受注し、その一部を外部委託したのですが、委託先が栃木県日光市の製缶屋さんでした。その製作の立ち会いに行ってきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/05/20 23:59
お宅の壁にも「タイベック(R)」
お宅の壁にも「タイベック(R)」 テレビでニュースを見ていたら東電の報酬カット作戦(?)に経済産業相や官房長官がツッコミを入れていました。その前にあなた方が報酬返上宣言しなさい、と政治を語りたくなるような世の動き。もう言うまい、ご用心ご用心。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 4

2011/04/28 22:29
袖ケ浦在住電気屋(まがい)
袖ケ浦在住電気屋(まがい) 電気屋、と言っても主に西日本で謂う(関東でも通じるケド)ところの溶接屋さんを指す「電気屋」ではないのです。でも僕の仕事柄、溶接には関係しています。 溶接施工にあたり管理項目として「溶接入熱(制限)」があるのですが、これを現場で直接測定するすべがありませんから、電流・電圧・溶接スピードの計測値から数式で算出する必要があるのです。つまり間接測定ですね。そうして測定法としては測定器を使った「偏位法」(対する言葉として「零位法」がありますが、気になる方は各自調べましょう)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/04/13 22:47
袖ケ浦在住鍛冶屋(もどき)
袖ケ浦在住鍛冶屋(もどき) このところ検査屋でも品管屋でもなく、そして監督ですらなく(?)鍛冶屋さんです。 鍛冶屋さん、と言っても「しばしも休まず槌打つ響き…」とか「刀匠」系の「鍛造」的イメージの仕事ではありません。一般鋼材を切断したり磨いたりの建築系鉄鋼加工や溶接の仕事も「鍛冶」工事と僕たちは称します。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2011/04/08 21:46
チャイナ・シンドローム?
チャイナ・シンドローム? テレビはどのチャンネルも大地震関連の情報特番です。その中で、福島第1原発1号機において「炉心溶融」が起こったと聞きました。経済産業省原子力安全・保安院の幹部が「炉心の燃料が溶け出しているとみてよい」と語ったようですが、ホントにメルトダウンが始まったのでしょうか。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/03/12 22:19
不合格の夜
不合格の夜 管工事施工管理技術実地試験の合格発表がありました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/03/07 21:05
指差呼称したから安全か
指差呼称、という安全動作があります。僕の職場でも道路横断時には「右ヨシ、左ヨシ!」とやってから渡るよう指導されています。JFEスチール(旧川鉄)に通っていた頃もやっていまして、これがたまに街中でもつい出てしまい恥ずかしい思い(?)をしたことも。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 15

2011/02/22 22:33
月にむらくもアークにヒューム
昼なお暗い貯槽の中でアークが瞬き ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2011/02/17 23:59
残業中
被覆アーク手溶接によるビードです。スラグが被っています。 溶接棒は神戸製鋼製の軟鋼用低水素系全姿勢溶接棒「LB26」(JIS Z 3211の分類(タイプ)はD4316)。厚板向けです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/02/07 22:03
僕はカンダタ
今週は朝から晩までタンクの中です(ちょっと言い過ぎ)。来週も再来週もおそらく今月いっぱいはタンクの中です。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 7

2011/02/03 23:14
東京ゲートブリッジ その後 補遺
昨日の予告通り、東京ゲートブリッジのど真ん中に収まる中央径間箱桁を探しに袖ケ浦港へ行って参りました。 港のふところ最深部、つまり国道から最も近い波止場から眺めると…。右側に伸びる「北袖地区」側にゆるやかなアーチを描く構造物らしきものを発見しました。遠目に100メートル足らずの鋼床版と思われるアーチ、その両側に張られた養生ネットの上にはいかにも箱桁という感じのモノが頭を出しています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/01/29 21:42
ボルトの軸力測定中です
ボルトの軸力を超音波軸力計にて測定中です。 向こう側のナットに油圧レンチをセットして締めて行きつつ、こちら側のボルト端面に貼りついている超音波プローブ(探触子)によってボルトの伸びしろを測定、トルク換算して管理しようという仕事です。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2010/12/17 20:57
管工事2次試験コンプリート♪
建設業法に基づく施工管理技士国家資格である「1級管工事施工管理技術検定」の実地試験(2次試験)を受験してまいりました。その証拠写真(?)がこちら、受験会場となった早稲田大学の創設者・大隈重信の銅像越しの大隈記念講堂(時計台)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/12/05 19:41
パブロフの犬
管工事試験1週間前ですが八景島シーパラダイスへ行ってきました。仕事の方は定修モード突入でやっておきたいことが多々あるにもかかわらず、しばらく家族サービスが出来そうにないこともあり思い切って仕事も勉強も完全オフ。この辺の甘さがMTレベル3に合格できない理由の一つかも知れません…。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2010/11/28 21:01
「空調」って「空気調節」の略じゃないんだよ
管工事資格のための勉強が続いております。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/11/21 22:56
破断した工具
廃材捨て場(別名:宝の山)から、破断した工具を拾ってきました。 もとはこんなの(→ http://www.neturen.co.jp/product/contents/spanner04.html )で、「曲柄片口めがねレンチ(もしくはスパナ)」と言います。うちの職人さん方は「ヤナギ」と称していますが、理由は知りません。なよっと軽く曲がった姿が柳の葉を連想させるからでしょうか。拾ったモノは把手が「シノ」になっていますから、僕的には「シノ付きヤナギ」。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/10/27 22:54
管工事1次試験結果
先日(→ http://niwatadumi.at.webry.info/201009/article_1.html )受験した1級管工事施工管理技術検定「学科試験」の合格者が本日発表になりました。自分の受験番号を覚えていなかったので、帰宅したらインターネットで確認しようと思っていたのですが、会社宛に試験を主催する財団法人全国建設研修センターから封筒が届いていました。結果通知書です。 心を落ち着けて開封したところ、中から出てきたのは…。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/10/14 23:41
今日のしごとはコワかった(山谷ブルース調)
高さ30メートルほどの球形タンク頂部から外面赤道付近までラダーがかかっていまして、その赤道付近にブラインドフランジで閉止している休止ノズルがあるのですが、今日はそこのガスケットを入れ替えに行ってきました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 7

2010/10/08 00:07
ミスは小出しに
今週もあっという間に過ぎました。仕事が充実している、というか、あれこれと慌ただしく立ち回っているせいです。固定した大型現場のほかに、小物ながらおろそかにできない高圧ガス設備関連の現場も次々に割り込んできて、さらにチームの毎日の作業割り振りも抱え、書類作成のヒマがありませんでした。 非破壊検査がらみのトピックスも現場でいくつか拾いましたが、残念ながらこの場では公開不能です。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/09/10 21:42
穴があったら入りたい…わけじゃない
4日間のお盆休みもすんなりと終わり、今日からまた炎天下の現場。腰の調子もだいぶ良くなったので職人さんと一緒にスパナ片手に高所作業。朝一はいくらか風があって、高所は気持ちよかったのだけれど。午後からは風もやみ、パンツまで汗びっしょりになりながら反応塔のマンホールを開けていました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2010/08/16 20:33
月に吠える(朔太郎にはあらず)
熟練技能者には頑固な方が多い。というよりも、自分の世界を確立しているせいで、他者の異なる意見は聞き流しがち。と、僕は常々感じているのであります。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2010/07/13 23:54
慣れた仕事の合間にふと思う
貯槽の開放・入槽作業に伴い附帯配管に仕切り板を入れたりバルブを取り外したりマンホールを開けたりした後、足場設置が済んだら磁粉探傷や肉厚測定をして補修溶接作業を段取り、補修後の非破壊検査もこなし、溶接管理記録&非破壊検査記録を取りまとめ、耐圧・気密試験がOKであれば復旧と。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/05/31 19:49
今日のお仕事は回転機の芯出し
今日はポンプ(回転機)用モータ(原動機)のメンテナンス後の据付け復旧作業の監督兼お手伝い。検査屋とは縁のなさそうな「仕上げ屋」さんの仕事なので、いよいよ「袖ケ浦在住プラントメンテ屋」にブログタイトル変更かと思っていらっしゃる方もあるでしょうか。 しかしながらこの復旧の際に回転機と原動機との回転軸同士を精密に芯合わせする「芯出し」作業には、検査屋さんになじみの深いダイヤルゲージと言う計測器具を使います。とは言うものの、検査屋さんが使うのは外観検査時に孔食深さを測るダイヤル「デプス」ゲージですかね... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/04/22 00:17
WES再認証されました
今年はJIS Z 3410(ISO 14731)/WES 8103 に基づく溶接管理技術者の再認証審査の年で、5月後半の評価試験に向け再勉強を続けていました。去年の秋に仕事の都合から申請しなかったので、今回落ちると資格失効なのです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/04/17 23:58
フローティング・ルーフ・タンクでのお仕事中に考えていたこと
このところフローティング・ルーフ・タンク(FRT)の改修工事をしています。2003年の十勝沖地震の際に出光石油北海道製油所で火災を起こしたことでその特徴ある浮き屋根構造を知った方も多いでしょう。2006年に浮き蓋沈下事故を起こした新日本石油精製室蘭製油所のタンクも同じような構造ですが、こちらはポンツーンという浮き(と言っても鉄の箱)のないタイプでした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/03/11 23:08
SUS316の組織を眺める
先の金属組織観察講習会で僕が磨いたサンプル、SUS316F(多分)の顕微鏡写真です。初めの写真が圧延方向、次が圧延方向に垂直断面。どちらもエッチングなしでの観察です。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/03/05 22:34
シノ付き4サイズラチェットレンチ
爪式ラチェット機構の爪の鳴る音が好きなので、足場設置現場の監督をしているとつい腰からラチェットレンチを抜き出しソケットを回してカチカチさせてしまう、そんな僕がこのたび購入したのはシノ付き4サイズラチェットレンチ(→ http://www.supertool.co.jp/ おお、ラチェット式モンキースパナも欲しいぜ!)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/02/27 21:27
金属組織観察を勉強してきました
水木金と三日間、千葉は幕張の高度ポリテクセンター(写真)へクルマで通い、「金属組織の解読とトラブル解析」という講習を受けてきました。独立行政法人 雇用・能力開発機構の高度職業訓練で、金属組織の現出、観察・解読法を習得しようというコースです。 これが会社の利益につながることが明白であれば会社に頼むことは出来たと思いますが、現状では難しい…と考え、仕事の谷間を先読みして有給休暇をとり、46,000円の受講料を自腹で払い込んでの受講です。利益を生むためには観察試料をつくる機器や顕微鏡、それに組織写真... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/02/20 23:20
ガスケットはよく確認してから使いましょう
ボルテックスガスケットです。ラテン語源で、「渦巻き」ガスケット。 これを挿んだフランジをボルト締結する際、本体が効果的につぶれてシール性を発揮できるようV字形をした金属性薄帯板(フープ)と非金属材料のクッションシール材(フィラー)を交互に重ね、渦巻状に巻いてあります。写真のものは本体にノンアスベスト(非石綿)フィラーを使い金属単体の外輪および内輪を装着したタイプですが、種類は他にもいろいろあります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/02/13 17:40
超硬ケレン棒
僕が愛用するスクレーパー(scraper)です。株式会社 小山金属工業所製「超硬ケレン棒」(→ http://www.iwood.jp/catalog03.html )。 特に鋼溶接部の超音波検査前処理に使います。半自動でバリバリ溶接した後のスパッタもスパスパ切れます。大きさ・重さもちょうどいい。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/02/03 00:06
休日出勤で超高圧ウォータージェット洗浄中
土日返上でベッセル&配管内面の超高圧ウォータージェット洗浄工事(監督)を行っています。只今3時の休憩時間。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2010/01/31 15:14
僕のツナギは汚れています
ひと月前の記事(→ http://niwatadumi.at.webry.info/200912/article_13.html )で作業着は鉛管服(ツナギ)に限る、と書きましたが、僕がいつも着ているツナギはずいぶんと汚れています。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/01/28 20:13
タンクの放爆構造
昨日、大阪の化学工場でタンクの爆発事故がありました(→ http://www.asahi.com/national/update/1224/OSK200912240010.html )。どんな法令によって規制されているのか、またどんな形のタンクか知りませんが、屋内に設置されたタンクの爆発で工場の屋根に穴が開いていることから、爆発圧力は上方に噴出したと思われます。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 7

2009/12/25 22:36
作業着は鉛管服に限る
検査業界に入ってから、作業着はツナギに限る、と思っています。 会社からはジャケットとズボンに分かれたタイプの作業着を支給されましたが、更衣室にはそれとは別に誰が着てもよいツナギが山になっていて、現場にはいつもそのツナギで出向きました。以来、僕のユニフォームは物理的にも精神的にもツナギです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/12/24 22:30
今日壊したのはナット
このところ非破壊検査から離れた記事ばかりアップしています。検査仕事が無いので、自然とネタも不足気味。かと言ってプチ実験をやっている時間的余裕もなく、さすがに師走を感じている今日この頃ではあります。で、非破壊検査ならぬ「破壊非検査屋」ブログと化しています。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 11

2009/12/22 23:37
風景としての化学プラント
房総の乾燥した冬晴れの日に、タワーの林立する化学プラントを眺めていました。工場の静かな鼓動が聞こえてくるようです(決して工場萌えではありませんのであしからず)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/12/21 23:38
トルクレンチ、ラチェットレンチ
プラント配管などのフランジをボルト&ナットで締結する際、その締付け力を管理したい場合によく使うトルクレンチ。クルマの整備工場でもよく見かけます。 僕が普段使う場面はラプチャーディスクを交換する時くらいなので写真の100N・m程度のトルクレンチで足りるのですが、定修などでは専門の「トルク屋さん」が来てプラント熱交のデカいボルトを油圧装置で閉めてゆくのをよく見かけます。スタッドボルトではトルク締めしている反対のナットが共回りしないように人力も必要で、ちょっと気にかかることもあるのですがそれはまた別... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/10/15 22:24
定修の長い出勤を抜けると、そこは秋だった。
気がつけば日曜日。日暮れも早まり、隣家の金木犀が少しひんやりとした風に香り立つ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/10/11 19:35
ちょっとお疲れなのです
このところブログの更新頻度がめっきり落ちています。ブログ仲間の記事も巡回せずベッドに倒れこむ今日この頃。定修真っ盛りなのです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/09/28 20:25
このインローが目に入らぬか
いや、内角低めのストレートについて語るわけではありません。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2009/08/31 20:05
ANSI、ASME、JPI、JIS配管フランジ
仕事はすっかり定修モード。事前の作業は大変だけれど、定修に突入してしまえば日々の流れに身を任せるばかりなので、その方が余程楽ですね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/08/28 23:55
アクリルって実はすごい
もう1週間前の話で恐縮ではあります…。 先週葛西臨海水族園へ行った際、hiwa嬢にとって印象深かったのは直接触れることができたサメ肌とエイ肌(?)でした。 一方、僕が最も興味をひかれたのはマグロの回遊水槽パネルに使われているアクリルの厚みでした。260ミリのアクリル板。僕の靴のサイズより大きい…。当然のように写真撮影しました。おじさん、どこへ行ってもアタマは非破壊検査っぽいです。残念ながら触っちゃダメと表示されていたので触れませんでした。アクリルブロックを張り付けているらしきことは見てわかり... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2009/08/18 23:48
巨大構造物(仮組み)を見た
新日鉄君津製鐵所を過ぎて富津岬へ向かう埋立地の道路から、岸壁に巨大な構造物を発見しました。ジャンボプールからの帰路寄り道して遠目に写真だけ撮影したのですが、どう見てもこれは橋の仮組みだな…ということで、先程ネット検索したところ、わりと簡単に正体を知ることができました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/08/05 21:01
ラプチャーディスクは壊れるのが仕事
プラント配管を眺めると、安全弁の手前に圧力計を引き出した短管がついていて、さらにその手前にフランジに挟まれた筒状(あるいは箱型)のモノを見かけることがあります。 それがラプチャーディスク(ホルダー)(参考→ http://www.fikejapan.co.jp/rd/disc/rd/rd.html )。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2009/07/24 21:26
春のMTレベル3資格試験結果報告
春の試験の結果通知が届きました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2009/07/16 21:59
「あらはえ」にやられた今日
俳句の季語に「荒南風(あらはえ)」という言葉があります(参考 「コトバンク」→ http://kotobank.jp/word/%E8%8D%92%E5%8D%97%E9%A2%A8 )。 今日は朝からこの荒南風の影響でJR京葉線や内房線にダイヤの乱れがありました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/07/10 21:18
疲労摩耗でいこう
シャフトの軸受け嵌め合い部に発生していた損傷です。回転機屋さんはこのきずを通常「フレーキング」と称します。シャフト側ばかりでなく軸受け側に発生することもあります。でき方は圧着−硬化−剥離という流れが一般的でしょう。疲労摩耗の一形態と考えられます。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 10

2009/06/26 23:53
定修もママさんバレーもチームプレーという点で同じ
昨夜のPTAママさんバレーは練習試合ではなく久しぶりに練習日となりまして、僕もしっかり汗をかいてきました。 来月5日の市内大会までもう2週間を切り、選手たちも技術向上よりはケガをしないことと体調管理を心がけるべきでしょう。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/06/24 00:22
管工事試験の講習会へ
9月に行われる管工事の資格試験対策のため、土・日と東京は神田一ツ橋の日本教育会館へ講習会を受講しに行ってきました。2ヶ月前に手にしながら開いたこともない400ページを超えるテキスト4冊をカバンに放り込み、行き帰りの電車内で立ちずくめのままKADOTAさんの機械工学本を再読していました。資格試験とはあまり関係ない本をと思い持参したつもりが、流体力学、熱力学の基本知識は以外と参考になりました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/06/22 22:11
定点肉厚測定の準備(現場調査)
雨上がりの午後、定修工事の一項目である定点肉厚測定の場所を探してプラント内をさまよって汗をかいてしまいました。 機器はともかく配管はP&I図面やスプール図面で追いかけなければならず、僕にとってこのプラントの定修は初めてということもあり、時々プラント内で迷子になります。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/06/11 23:48
There really are no accident これは突発的事故ではない
リンクさせていただいているkunihiko_ouchiさんのブログ「歩きながら考える」に現場作業に関わるすべての人に見てもらいたくなるような動画が紹介されました。まずは是非ご鑑賞ください(→ http://blog.goo.ne.jp/kunihiko_ouchi/e/485cf02a5d839dee20cffd4e950af408 )。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 5

2009/06/09 22:26
応援終了
検査会社への応援が今日で終了しました。応援なのでとても気が楽でした。社員さんは毎晩遅くまで現場とデータ整理に追われていましたが、僕は残業もさほどおつきあいせずに済み、純粋な検査屋生活を3週間楽しむことができました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/05/29 22:06
机上の安全は無味乾燥なのです
今の現場の安全意識について記事にしたのはつい先日のこと。あれから3日も待たずケガ人がでました。作業手順の失念、相方とのコンタクト不十分。熟練の職人さんではめったに起きないケースと思われる事故でした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/05/19 23:28
プラントごとに作法も異なる
非破壊検査屋というブログタイトルどおりに検査をメインに置いた仕事を僕はしているわけではありません。勤務先はプラントメンテ屋(工事屋)です。ですが仕事で付き合いのある検査会社さんの応援で、先週から検査屋になって定修現場に入っております。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2009/05/17 19:44
休日も訓練
市原市辰巳台の友人宅を訪れた帰路、市原市総合防災センターの横を通りかかったら消防レスキュー隊の方々が訓練をしていました。世間がゴールデンウィークでも彼らは頑張っているのですね。道端にクルマを寄せてhiwa嬢と一緒にしばらく訓練の様子を見学しました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2009/05/03 23:56
宇宙飛行士とおともだち
今日はムスメに自慢できるおとうさんの過去、を記事にします。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/03/17 23:55
フーセン飛ばし
昨日、今日と一日中パソコン仕事をしています。総延長500メートルにもなろうかという配管のスプール(アイソメ)図をCADで引き、溶接継手番号を落します。 継手位置から引き出し線を延ばしその先にくっつけた丸の中に番号を入れる、そのカタチからその作業を「フーセン飛ばし」と称しています。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2009/03/05 22:23
今日のお仕事はボルト整備
残業&休日出勤と忙しかった1月の名残が尾を引いていまして、不景気な世の中にありながらお陰様でまだ仕事が途切れません。とは言うもののバタついた先月とは異なり、落ち着いた感じで日々過ごせる程度になってきました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/02/03 23:58
基盤プラント2
客先事情により工程が1週間早まった現場の準備に追われていました。 補修溶接が数百か所あり、一つ一つ補修記録も付けないといけません。磁粉探傷で検出されたほぼすべてのきずを研削除去して肉盛、スムースアップする工事。簡単にいえばそうなんですが、溶接士の手配から溶接機や溶接棒乾燥機のレンタル、それら資機材のユニック車・フォークリフトによる現場への搬入、各種表示板設置、作業許可のとりつけや記録書式の作成など、やることは多々あります。おかげで残業&休日出勤と定修に戻ったかのような日々でした。 それでも明... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/01/17 22:07
基盤という名のプラント
廃棄物置き場で拾ってきたCCDカメラから取り外したレンズによって微細な世界に誘われた昨日の僕でしたが、今日はCCDからの回路基板を眺めていました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/01/15 21:53
今週のオンとオフ
年明け1週目の今週はデスクワークばかりしていました。 工事費の見積り、CADでアイソメ図面引き、溶接施工要領書(WPS)に工事計画書と、パソコンばかり眺めていました。外へ出たのは来週からの現場の準備程度で、ほとんど体を動かしていません(夜は15分ほどのスロートレーニング)。 おかげで目の疲れが顕著。 検査会社在職中は1ヶ月近く報告書つくりにパソコンとにらめっこしていた時もありましたが、それも若さゆえになしえたことかも知れません。検査屋(純然とはいえませんが)たるもの目は商売道具なので大切に... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/01/09 23:58
休暇前夜
本日は仕事納め。といっても作業場の大掃除をやってただけです。デスクの下の電源コードやLANケーブルの整理にいちばん時間がかかりました。絡み合ったケーブルをほどいてゆく作業はパズルっぽくて、思いのほか楽しんでしまいました。たまったホコリも掃除して、心なしか電気信号の純度も上がったみたい…(もちろん気のせいです)。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2008/12/27 20:31
T継ぎ手隅肉溶接の融合不良
SS400鋼板T字形継ぎ手のCO2半自動による隅肉溶接部の断面です。回し溶接の部分をカットしたら融合不良が顔を出しました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2008/06/06 22:11
酸欠、中毒…助ける?助けない?
今だから言えますが、狭いタンク内で浸透探傷試験をやっていて溶剤に酔ったことがあります。幸い自力でマンホールから顔を出し、脱出して事無きを得たのですが。タンク付属のノズルはすべて解放されていたため通気は良いだろうと甘く考えていたのです。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2008/03/30 20:31
徹夜です
安房高校はサヨナラ負けだったのですね…。でも良い試合をして,甲子園に名を残したと思います。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2008/03/28 00:24
職場復帰
3週間+α振りに職場復帰。朝は自宅まで先輩が迎えに寄ってくれました。夕方自動車の運転を試してみたけれど,アクセルワークはともかくブレーキ操作に不安があります。誤操作防止のためのアクセルとブレーキのペダル段差がネックでした。右足左足ブレーキを覚えておけばよかった…。 駐車場から詰所までは800ヤードありますからパー4が2ホール分(ゴルフ馬鹿!)。さすがに歩けないので会社のバンで送迎です。 復帰したもののみんなに迷惑をかけています。 詰所ではデスクワーク。見積り書類を作っていました。一日デスク... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/03/04 23:55
ミルシートを見て思うこと
リンクこそしていませんがいつもチェックしているKADOTAさんのこちらのブログ記事からネタをいただきました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 7

2008/02/29 23:18
テストピースはご支給願います
JFEスチールが船舶バラストタンクの塗膜劣化を抑える高耐食性厚鋼板を開発というニュースを読みながら考えたこと。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2008/02/28 22:17
明日退院です
病院で過ごす最後の夜です。1週間の入院予定でしたが10日かかってしまいました。退院後も通院を含めリハビリのため今月中に職場復帰出来るかどうか…。 夕方PTA会長のHさんがお見舞いに来てくれました。小学校では2チャンネルへの脅迫書き込み事件でたいへんです。登下校のパトロールも強化しないといけないのですが。いずれにせよ僕はまた粗大ゴミなのでした。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2008/02/19 20:30
FRPギプスです
昨夜縫合手術した右足はこんな状態。(見苦しい左足はご容赦下さい)。今時は石膏ギプスではなくプラスチックなのですね。 お湯に浸すと効果を示す接着剤含浸のホータイをぐるぐる巻きにして放置したらおしまい。フィラメントワインディング製法のFRPパイプと言うか。プラント配管などで腐食して穴があいた時に使う「マホータイ」みたいなものです。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2008/02/11 18:04
球形タンク内部のロータリーデッキ
工事用仮設足場にはいろいろな種類があります。 昨今の主流は鉄やアルミ等の金属パイプの単管足場ですが、昔はもっぱら丸太足場でした(柱も梁も踏板もよくしなって気持ち良いと言うかスリルがあると言うか…)。他にもビティ足場とかビケ足場とかローリングタワーとか、用途に応じていろいろな足場があります。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 10

2008/02/01 23:58
今日のお仕事(このタイトルは久しぶり)
朝のうちは穏やかだった冬晴れの空を、次第に強い北風が冴えわたらせた昼前。 2,000㎥球形タンクのトップステージで配管溶接部の浸透探傷をやりました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2008/01/24 23:01
数珠状浸透指示模様
写真は溶接止端部での疲労割れによる数珠状浸透指示模様です。 と、この1行の中に専門用語が3つも入っていますね。 まあ、気にしないでください。「数珠」を知らない人もいたりするので。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/12/29 21:34
9連休が5連休へ
年末年始は29日から6日まで9連休の予定でした。それが今日になって急に仕事が入り、30日から3日までと短縮になってしまいました。もっとも、用事を入れていたのは31日から2日までなので、前後1日づつはのんびりできるのです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/12/27 22:37
危険な仕事
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071221-00000189-jij-soci 帰宅途中の車のラジオで三菱化学鹿島事業所(茨城県神栖市)の工場火災のニュースを聞きました。他人ごとではないと思いながら、夜景の美しい化学工場が乱立する国道16号を南下。 ホントに他人ごとではない。稼働部との縁切り、配管内パージ、ガス検知等、化学プラントの工事では当たり前のようにやっていることが緩んでいたのかも知れません。 原因は解明(公表)されるだろうか。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/12/21 23:26
非破壊検査屋さんの給料について その3
たわごとも今日で終わりにしましょう。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/12/04 23:25
非破壊検査屋さんの給料について その2
昨日のたわごとの続きです。 何度も言いますがこれは架空の数字遊びです。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/12/03 22:42
非破壊検査屋さんの給料について その1
以下は個人的たわごとです。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/12/02 21:59
雪中行軍
先日掲載した鳥海山からの風景に触発されて,先々代のwin95パソコンから懐かしい写真を吸い上げる作業にのべ4時間ほど傾注してしまいました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/11/26 22:55
メガ牛丼
定修を支えてくれた助っ人がひとり減りふたり減り,今日最後の一人,S杉さんが詰所を後にしました。S杉さんには先の定修からお世話になり,年齢は離れていますが頼りに出来る人物です。先の定修では毎晩遅くまで報告書作成をがんばってくれた一人です。 感謝の気持ちをこめて,昼食に誘いました。男二人だと怪しいので(?),美人と評判の事務員さんも引っ張り出して3人で。といっても僕の小遣いではお寿司屋で好きなだけどうぞ,というわけにはいきません。で,有無を言わせずこのところ僕自身が食べたいと思っていた牛丼に決め付... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/11/19 23:19
居酒屋にて打上げ
現場作業が終了し,定修もほぼ報告書を残すだけになりました。そこで昨夜は少人数で軽く打ち上げ。姉ヶ崎のこぢんまりした居酒屋で6人。僕を除きみんな30代だったかな。まあ僕も自称35歳と言うことで問題は無いか。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/11/17 23:10
たった今,望むものは
土・日と休日出勤で稼がせていただきました。 でもやっぱり休日は必要ですね。しかも家族サービスなしの休日。一日中がーっと寝ていた独身の頃が懐かしい…。 今年はPTA行事もあって,のんびりと過ごせる休日が少なくなりました。おかげでますます前髪が後退してきた気がするので来年(度)はPTAはお断りするつもりです。このところ仕事の都合で欠席がちですしね。 今一番したいことは,仕事とはまったく関係ない読書です。ブログを更新する時間があるなら本を読めばいい?いやいや,こうして愚痴をこぼすことも必要です。... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/11/05 21:31
前処理は検査の一部
チューブ熱交換器の開放工事をしています。非破壊検査をしてもらうためです。バッフル面を超高圧ジェット洗浄後さらに職人さんにバフで磨いてもらい,さあ浸透探傷どうぞ,とうちの監督が検査屋さんに引き渡しました。そうしたら磨きが足りない,こんなんじゃ検査できないと文句を言われたようです。 至りませんで申し訳ないとちょっとだけ思いましたが…。 開放工事はうち,検査工事は某検査会社さんへ客先から別発注です。ならばその文句は直接うちへでなしに,客先を通すのが筋です。と,正論を語るつもりはありませんが,どの程... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2007/11/03 21:48
名刺を眺めながら思ったこと
気付いてみると転職して3ヶ月が過ぎていました。それでと言うわけではないようですが,今日名刺が出来上がってきました。 なんだか社内で未知の肩書きまで付いています。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2007/11/01 22:54
今年最後の定修はじまる
僕が常駐しているプラントの今年最後の定修が昨日から始まりました。 開放機器が30ほど。バルブの脱着&点検が200ほど。他に配管の更新やらポンプの整備やら。工期は2週間ばかりですが,報告書も含めたら11月はほとんどこの定修関連で過ごすことになりそうです。 定修で行われる非破壊検査,僕は手を染めませんが,傍から覗き込む予定です。チャチャを入れるつもりはありませんが,独り言はつぶやくかもしれません。もっとも,そんな余裕があれば,の話ですね。 すでに情報量は処理許容値を超え,飽和状態に近くなってい... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/10/30 21:42
飲み会でした
今夜は残業の後,五井駅前のお好み焼き屋「加奈利や(かなりや)」にて飲み会。といっても会社内外10人ほどの集まりです。それでも老若男女取り揃え,実年齢で言ったら僕は老のクチでしたかね。若い方は24,5の女の子。「今時の子」という表現でくくってしまうのは好きではありませんが,僕には代表選手に見えてしまいました。少なくとも「子」に相違ありません。 20代の頃は散々夜の街へ繰り出しましたが,友達同士ではなく職場の飲み会ではいろいろと気を使いながら飲んでました。 韓国へ出張したときに一緒に飲んだ現地の... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/10/27 00:04
風邪引きです
流行の先端を行くつもりは毛頭ないのですが風邪を引いてしまいました。毛頭ではなく頭毛が薄くなり冷気に敏感になったと思われるかもしれませんが,さにあらず,現場事務所のエアコン暖房の風を直撃されたせいだと思います。 昨日は人生で最大規模のイベントがあったのですが,これはいつかまたここに記録する日が来るまでのお楽しみ。 今日は熱っぽい体でバルブを探してプラントをさまよっていました。200個ほど点検するので位置を把握しとかないといけません。 来週あたりから工場は定修モードに入るでしょう。今度の土日,... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/10/18 20:38
頬にプラントの灯
夕暮れのプラントのてっぺんから周りの化学工場を眺めたら,イルミネーション,でなく単なるライティングではありますが,とてもきれいでした。1万ドルの夜景とまではいかないけれど,プラントだけにメカニカルな雰囲気がいっそう冴えて,街の夜景とは趣の違う美しさ。写真撮影できないのが残念です。 200トンクレーンを使ってタワーを引っこ抜く作業に立ち会ったのですが,日暮れまでかかったおかげでいい景色に出会え,疲れも吹き飛ぶ気持ちでした。 今回の定修を担当することがなければ,今日はPTAのソフトボール大会に参... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2007/10/13 21:43
高いところは嫌いじゃないけれど
仕事の都合で地上40m位(目測)のタワーに昇りました。サル梯子にて。 最初,ちょっとドキドキしてしまいました。なんせこんな高いところ,久々に昇りましたから。安全帯のフックを手摺に掛けてもなお手でつかまっていました。風でタワーが揺れるし。途中にあるステージの鉄板もベコベコして,正直言ってビビリました。 その傍らで足場屋さんは平気で作業しています。長いパイプを振り回し,風への抵抗が大きい足場板をひっくり返しながら。うーん,さすがだね。鳶職はやっぱり特殊技能ですね。 と言いつつ,3本のタワーに何... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/10/11 21:26
X線撮影フィルムで見る溶込み不足
長らくお待たせしました,非破壊検査ネタです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/10/10 21:45
検査屋と会社と家族と
僕が常駐している工場内には製造物別にいくつかのプラントがあります。先日そのひとつの定修が一段落ついたので,プレハブ詰所から引越ししました。パソコンやらコピー機やら,書類の山やらゴミやら。今月半ばにはこの詰所のある場所はもとの更地に戻ります。 そうして僕の次の行き先は…。 別のプラント定修用プレハブ詰所です。 でも,この前まで一緒に仕事していた非破壊検査屋のS杉さんたちは,静岡やら水島やら別の会社のプラントを年中渡り歩いています。 非破壊検査屋は出張が多いのです。独身のうちはいいけれど。結... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/10/03 21:55
出張はなくなりました
今朝,あきらめきれずにパソコンのスイッチを入れたら3日振りに起動しやがりました(失礼)。 ので,OFFせずにほったらかしで仕事へ。電源を落とすのがコワイので,Dynabookくんは終日稼動ということになりました。今度は熱でイッちゃうかも…。気候が涼しくなってきて良かったかな。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/09/27 23:08
終わらない定修はない、
…と言いますが、今回の定修工事もようやく終わりです。昨夜は書類修正作業でたぶん最後の残業…であって欲しいなぁ。けれどその前の晩、帰宅後に呼び出されたメンバーもいて、その人たちは通しで詰めていたことになりますね。お疲れ様でした。僕は今回ちょこっと首を突っ込んだだけでしたから、割と楽な立場でした。 さて、次の定修の準備を始めないといけません。その前に出張か? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/09/26 07:30
NEXCO東日本の巡回車にお世話になりました
館山道下り線の市原インター手前で後輪がパンクしました。某検査会社にレントゲン車(工業用X線フィルムの現像設備を搭載した「暗室車」)を借りに言ったその帰り道のこと。 定修の役所申請書類提出日が今日なのに撮影箇所が発生して,急遽僕が撮ることになったため,設備一式をお借りしたわけです。 さて,路肩に寄せてジャッキとレンチは見つけたけれど,スペアタイヤのはずし方が分からない…。冷静に思い出せば,昔乗ってたキャラバンでタイヤ交換したことがあったのですが。冷静になれなかったのは慌てていたせいということで... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/09/21 00:38
午前サマ
いやはや,帰宅午前1時。日月と休日出勤&深残してなおこの有様です。 書類作成に明け暮れる生活は久し振りですが,客先の担当者ごとに指示判断が違う現場は疲れますね。 もうしばらくこんな状態なので,ブログも文字通りの日記に成り下がりました。あ,いつもそうでしたっけ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2007/09/19 01:39
ステンレスの浸透探傷
本日,SUS配管突合せ溶接部の浸透探傷試験を実施する機会がありました。というコトバがすでに僕が普通の検査屋ではないことを如実に物語るのか…。 時間がないので言いたいことを3点。 @現像剤の吹き付け時には,塗膜が厚くなりすぎないよう注意しましょう。下地が白いのでコントラストがつきにくいような気がしてつい厚くしてしまいがちです。 A前処理時にワイヤブラシを使うときはステンのもので。もらいさび(すきま腐食とかマクロセルとかと同様,通気差電池に起因する腐食)の原因になります。 B低ハロゲン,低イ... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 5

2007/09/16 23:21
濃度計がサカサマ
台風がスサマジイので夜勤は早めに切り上げ,午前様状態。 帰路,長浦駅の南側の信号機がいきなり消灯しました。停電の瞬間に遭遇したわけです。幸い我が家周辺は大丈夫でしたので,パソコンを立ち上げました(好調)。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2007/09/07 03:01
夜勤明けです
まずはブログ更新が途絶えていた言い訳から。 不調だったパソコンはWINDOWSを再インストールすれば復活するかも,ということで試してみました。ところがインストール中の再起動時にまた例の表示が出て動かなくなったまま,2日が過ぎ去りました。その間,本社工場へ出向いての夜勤だったため,普段いるプラント内事務所のパソコンに触れることもできず,おかげでブログの更新もメールのチェックもできませんでした。 今朝4時過ぎに作業が終わったので一度帰宅しました。まだ眠るわけにはいかないので試しに電源を入れてみた... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/09/06 06:09
二重壁片面撮影
200AのSUS配管に管球を抱きつかせて撮影中です。 あえて多くは語りません。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 13

2007/09/04 03:34
放射線出しますよ
金,土とパソコンが立ち上がらなかったのでメールチェックやブログ更新ができませんでした。 本日(9/2)はただいま休日出勤中で,休憩時間中に会社のパソコンから。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/09/02 10:32
出張予告
10月頃の予定だが,久し振りに出張に出かけることができそうな気配。しかも検査屋として。 詳細は未定だけれど会社で付き合いのある検査会社で人手が足りず,応援要員として僕に目をつけたということらしい。検査会社間で人手のやり取りはよくあって,僕もいろんな検査会社の応援に出されたものだ。そこで人と人との交流は勿論のこと技術的ノウハウの交流もある。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/08/23 23:41
スンプ法のおはなし
検査屋さんが行う仕事は非破壊検査だけではありません。今日はそのなかでも「スンプ検査」という,非破壊寄りの破壊検査のお話。とはいうものの,僕のブログですから「その手をおはなし」程度です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/08/21 23:59
304を3060で
本日,某検査屋さんが以前作成した非破壊検査報告書を見る機会がありました。検査技術者資格はNDISの3種でした。JISに移行すればレベル3ですね。でもSUS304の曲面の割れ検出のために使用規格がJIS Z 3060ってのは…。STB A3で感度を決めるのもどうかな…。 たしかに板厚6mmで溶接部でもないし,きずエコーが検出されなければ問題はない(?)という気持ちはわかるけれど。 急ぎ仕事でしっかりしたNDT手順(要領書)が間に合わなかったのでしょうね。 そういうときはせめて「準用」というコ... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/08/17 22:19
暑いです。
現場事務所2階の僕がいる部屋には窓際に温度計があります。 ブラインドを閉めエアコンを冷房限度の18度設定にして,なおかつ扇風機を回していても39度になってしまいました。 電気製品が多すぎるのか?他にはパソコン6台コピー機に冷蔵庫,空気清浄機。おお,熱源がありすぎだ。それ以前に鋼板屋根だし。 パソコンを打ちながら頭がぼんやりしてきました。その代わり昨日プールで日焼けした背中の痛痒さが気付けになり,意識を持ち直しました。 外の方が風がある分涼しいかと思い窓を開けたら,案の定温度計は35度まで... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2007/08/16 20:46
検査屋失格その2
この季節,現場で熱中症と闘いながら会社の指示で現場検査に汗水流し非破壊検査をしている技能者は大勢いる。同時に客先のリクエストによりエアコンの効いた事務所で検査手順・要領書を作成する技術者も多いだろう。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/08/15 05:01
検査屋失格
非破壊検査をやりたい,と熱望して就職したわけではない。「何だか知らないけどこれも面白そうだな」程度の軽い気持ちで面接に行ったら明日から来るか?と言われたのだった。したがって世の安全を守るとか社会的貢献とか人々の暮らしを陰で支えるとか,そんな大仰な志など微塵もなかったのだ。 橋梁やビル,プラントなど今も残る,僕が検査で関わった構造物と再会するたびにその当時を思い出すけれども,使命感に燃えて仕事をした記憶はない,かな。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2007/08/10 23:18
近況報告
非破壊検査屋が転職して今何をしているかというと,某石化製品プラントで配管や設備の保全,修理,設置等の施工管理の仕事をしています。その中には溶接管理や非破壊を含めた試験・検査も入ってきます。でも自分自身で試験するのはごくたまにということになるでしょう。非破壊検査屋さんの作業に立ち会ってチャチャ入れる側。むしろ僕の経験を生かせる仕事かもしれません。 そういえば同じようなことを筑波宇宙センターでやってたことがありました。あのときは宇宙飛行士訓練の設備オペもやりましたっけ。フローシート(P&I)やアイ... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 5

2007/07/31 21:47
転職3日目
アサガオ報告は一日お休みです。マーク位置が回転しているような気もするのでもう一日様子を見てみます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/07/26 22:06
夏のプチ自由研究
 7月3日の記事で掲げた宿題を実行できる日がやってきました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/07/24 22:53
面接ダブルヘッダー
今日は午前中に転職のための面接,夕方にムスメの小学校で個人面談。 担任の先生には案の定「落ち着きが足りない」とほのめかされました(ヘンな表現?)。まだ1年生ということもあって勉強はともかく元気に友達と遊んでいればいいやと思っているのですが,早くも勉強漬けの子も世の中にはいるんでしょうね。 僕の方もさっそく明日から出社が決まり,こちらも落ち着きがない…。僕の仕事は次第に非破壊検査の比率が小さくなる傾向です。でも,基本的に非破壊の資格があってこその転職です。 というわけで,皆さんご心配いただき... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2007/07/23 22:25
袖ヶ浦在住プータロー
仕事帰りに使っていた近道です。発見してから半年くらいお世話になりました。帰宅車渋滞で30分かかるところを10分ほどに短縮してくれたので,お気に入りでした。 写真撮影は16時過ぎですが,街灯が点いています。僕のクルマもヘッドライトを点灯させてます(対向車に察知してもらうため)。昼なお暗い怪しげな林の中の道。「とおりゃんせ」って感じですね。対向車とのすれ違いも大変です。まぁすれ違う車はめったにありませんけど。 ここを通るのも今日が最後なので,記念撮影です。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2007/07/20 23:34
「デキる人は教えベタ」の法則
何を隠そう(隠すこともないのですが)人に何かを教えることは得意ではないと自覚しています。 こちらの思うように相手が理解してくれないとめんどくさくなって,ついつい自分で動いてしまいがちです。仕事では納期と言う時間制限もあるし,現場で教えているヒマはなかなかありません。で,昔から「見て覚えろ」というところに落ち着くわけですね。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2007/07/19 22:27
旧友再会
以前お世話になった検査会社から僕を含め野に下った(?)仲間4人と,まだ在職している仲間3人,あわせて7人が蘇我駅前の「越山」にて同窓会のように集まりました。すべて僕を育ててくれたN田所長を知っているメンバーでしたから,10年来の仲間と言うことになります。なんだかんだ言いながら非破壊検査から足を洗えない人間ばかりです。会社は異なってもNDI資格の更新試験会場では会ってしまうような関係ではあります。 10年前から比べればみんなトシをとったし立場も変わっていますが,現場を離れられないヤツばかりのせい... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 5

2007/07/14 23:59
袖ヶ浦在住「非」非破壊検査屋
諸事情により,袖ヶ浦在住非破壊検査屋は袖ヶ浦在住「非」非破壊検査屋になりそうです。そのかわり,長距離通勤や四面楚歌のストレスは解消するでしょう。 当ブログで特にアクセス数の多い非破壊ネタ,特にプチ実験を楽しみにしていてくださった方々には申し訳ありませんが,しばらくはそうした現場記事はアップできないと思います。 といっても,完全に検査屋を廃業するわけではなく,何らかの形で非破壊検査をはじめとする技術・工学に関わってゆく予定です。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/07/12 21:07
あ,火花試験だ
つい今しがたニュースステーションで中国のステンレスにまつわる特集を放送していた。鉄鋼のみならず非鉄金属もすごい生産量になっている中国。でも品質がイマイチで信用が低いので,まだ生産過多による市場価格の下落には至らずにいるわけだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/06/21 23:21
欠点について
本当はオーソリティーになりたかった。でもいつの間にかオールマイティーに見られている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/06/19 21:27
オマエはホントに○○なのか?
今夜は本職方面の話題(だいぶ以前の話だけど思い出してちょっとうれしい)。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2007/06/08 21:50
本日は休養日です
このところ毎日同じ検査モノを流れ作業的にこなしている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/06/07 22:59
たかがブローホール
脚長10mmの隅肉溶接にφ1mm弱のブローホール(和製英語)。浸透探傷試験にて検出しました。まぁ目視でも見つけますよね。でも隅肉だし,仕様によっては合格になったりする大きさですね。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/06/05 21:31
下調べはマナー
今夜はPTA本部の会議に出席してきました。メンバーに仕切り役がまだ不在のため進行に時間がかかります。僕は新米だし活動そのものもよくわかっていないので包括的な意見は述べることを控えています。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/05/30 23:33
資格証明書(Diploma)が届きました
IIW国際溶接検査技術者の資格証明書(Diploma)が届きました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/05/29 16:37
理屈どおりいかないのが現場
昨日の超音波探傷によるお遊び実験で不明だった,ビーム路程116mmのエコーを考えていました。 φ5mmの振動子なので指向角が広がり,それが主ビームと畳重するポイントが116mmとなる探触子位置にたまたま当たったとすれば,径方向に探触子をずらしたときに不明エコーもそのビーム路程がずれるでしょう。また,周方向にずらしたときにはビーム路程は変わらないことになります。そのとき,きずであればエコー高さが変化します。後ろの割りピン穴エコーの高さも変わります。 さらに,反対側から探傷しても同じエコーが現れ... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/05/26 22:57
UI-25で厚さ測定
湘菱から菱湘になった菱電湘南エレクトロニクスのデジタル超音波探傷器UI-25にはゲートが2つかけられる。かかったエコーの距離の差を数値表示してくれるので,板厚測定には便利である(ゲイン調整はダイヤルつまみではないのでチト面倒だが)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/05/23 21:57
重箱(JIS Z 3060)の隅を突っつく
とりとめのない話題ですから,深くツッコんじゃいけません。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/05/18 23:14
「雑」のZ
以前JIS規格票の間違いを記事にしました。ところが,つい先ほど日本規格協会のHPで3年前の6月にほぼ同じ誤りの正誤表(→こちらから参照できます)が出ていたことを知りました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/05/17 23:06
スプーンを曲げる向き(昨日の補足)
昨日の記事に関して,よくわからない旨,コメントをいただきましたので説明します。と言っても多分存在するだろう専門用語を知りませんので分かりにくいかも知れません。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2007/05/16 21:58
クイズ「間違い探し」
これはターニングローラーです。何個か並べた上にパイプ状のモノを載せてくるくる回すためのものです。さて,間違いが一つありますね。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2007/05/15 21:55
自然を破壊しにくいものづくり
リンクさせていただいている「のたり松五郎。」の管理人である「松五郎。」さんが寄せてくれたコメントで,ちょっと考えさせられました。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 4

2007/05/03 21:55
非破壊検査と数学
超音波探傷試験をしている中で生じたちょっとした疑問を解決するために,このところ数学の勉強を始めている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/04/28 22:39
抜けなさそうで抜ける
といっても勿論僕の髪の毛の話ではない(カロヤン後日譚もいずれ)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/04/27 21:37
PTAと技能伝承
と言うほどの大げさな内容ではないので気楽に読んでください。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/04/26 22:13
この味はどこかで…
先日訪問したkidさんのオーディオルームでご馳走になったルートビア。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/04/24 23:02
非破壊試験技能者を目指す
「非破壊試験技術者」というからには「技能者」とはちょっと違うのだろう。 溶接技術者の試験はペーパーだが溶接技能者の試験は実技が主体である。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/04/12 22:15
片道2時間半
春の定修の時期には早い気がするけれど…。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/04/04 22:27
ブログ復活予定
僕の仕事は「ものづくり」ではない。ものづくりに関与してはいるけれど,直接生産するものは文書類くらいである。しかし何も無いところからつくりあげていくことにかわりはないと思うのだが…。そうして無から作り上げる苦しさも同じだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/03/30 22:24
顧客満足をちょこっと考えています(2007/03/05分の再掲)
このページへの不正リンクにより異常にアクセスが増えていました。 ので,元ページを削除のうえ別ページに移動・再掲(3文字削除)としました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/03/22 19:51
溶接欠陥の削除
 超音波探傷で検出された溶接欠陥を削除するには,まず頭に浮かぶのがグラインダかアークエアガウジング(エアアークガウジングというと商品名だったかな?)だ。しかし平板ならともかくチューブだったらきっと旋盤の方がずっと早く切削できるはず。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/02/28 23:23
フォークリフトの威力
 書きそびれていましたがフォークリフトが導入されたので,これまで人力でやっていた搬入作業がメチャ楽になりました。腰への負担も激減です。いつも搬入を手伝ってくれていた龍生運輸のドライバーさんも喜んでいます。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/02/23 20:44
明日のお仕事
 講習会明けの工場はニョロ^2をはじめとする検査物の大波が押し寄せていました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2007/02/21 21:56
JISの網にしがみつく
このごろJISマークを見かけなくなった。国の認定から第3者の認証に変わって「権威」が小さくなったせいだろうか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/02/18 20:29
IWIPセミナー最終日
 3日目です。さすがに電車通勤と座学で肩がこりました。  さて,今日はポニー工業横野氏が講師で渦流探傷と超音波探傷でした。ETもUTも教育用視覚ソフトがとてもよく出来ていました。  最近のUTはいろんな手法が出てきて検査対象ごとに細分化・専門化しているようです。たぶん一人の検査技術者がすべてを受け持つことは出来ないでしょう。非破壊検査がRT,UT,MT,PT,ET,SMと区分があるのと同様たとえばUTもMUT,AUT,TOFD,フェイズドアレイ,レーザー…と分化していきそうな気配。  ただ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/02/16 21:03
不見識を恥じる(PT現像膜厚さ測定方法)
 染色浸透探傷試験の現像剤塗膜厚さが定量化困難と先日書いたところ,こんな方法がある(←pdf文書をダウンロードします),と考案したご本人から教えていただきました。CCDカメラでの撮影画像をパソコンソフトにより色見本と対比する,いわゆる比色法の一種です。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2007/02/13 20:54
「匠の息吹を伝える〜“絶対”なき技術の伝承〜」
今日のブログタイトルは,スカイパーフェクTVのサイトで見ることができる科学技術振興機構製作の技能伝承番組(動画)のタイトルを借用しました。(→http://sc-smn.jst.go.jp/) 番組についてコメントしようとは考えていません。真剣に見入ってしまいます。 さて,僕は会社のためにどうしようか。社会のためにどうしようか。僕自身のためにどうしようか。考えることがいっぱいです。 でもまずは,ムスメと遊ぶことにしようと思っています。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/02/11 23:08
JISも筆の誤り
 超音波機器の点検標準を作成するため,あらためてJISをひもといていました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/02/07 20:37
こんな溶接部初めて
非破壊検査が行われないシリンダの溶接部で貫通割れが発生したというので,同時期に製作された同型式の製品を当たってみてくれと客先から非公式に依頼があった。勿論うちの溶接ではない。(同じ様なものをうちでも溶接しているが,自主検査してます。) ちょうど0.5スキップの溶接部−探触子距離の位置がR20のフィレットで70度が使えず,JISを外れて45度を使った。しかも2メガがないので5メガで。RB42-3で感度を調整した。 まぁこんな条件は今回はどうでもいいのだ。問題はその溶接部のナカミ。 開先深さ4... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/02/02 21:34
立会検査
コロ2の納品先で客先の客先によるUTの立会検査をしてきました。さらにその上がご注文主(エンドユーザー)です。その時分にはコロ2も大掛かりな設備の一部品ですから,機能が満たされているのは当然ということになり,いちいち溶接部の検査がどうのという話にはなりません。で,今日の立会がうちの溶接品質の最終チェックになります。 下準備はひととおりしていきました。探傷条件一式は仮成績書に記述して,説明のシナリオに使います。適用規格はこれ,合格基準はこれ,使う装置類はこれこれ,と順を追って説明できるようにです。... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/01/29 20:52
今日のお仕事
ニョロ2の赤ちゃん6兄弟。見た目に違いはありませんが,溶接部分は2つとして同じものがないわけですね。UT,PT両検査にみんな合格し,健康体で旅立ちました。 ムスメが赤ちゃんだった頃を思い出しながら検査してました。 朝一は板厚55mmのチューブの周溶接PT&UTとコロ2のUT。子ニョロを済ませてから成績書もまとめました。探傷器はアナ・デジ両方を使って,結構忙しかったな,土曜日なのに。 月曜日はコロ2の立会がある。昨日検査した板厚69mmの成績書もCAD図からやらないと。 溶接作業用の図面処... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/01/27 20:20
町工場と技能の伝承
国際溶接技術者のセミナーで僕の所属グループがレポートしたのは技能の伝承に関してだった。僕としては溶接でのCO2削減をテーマにしようと予習していったのだが。プリウスに乗ってる溶接屋さんは偽善者だと主張しようとてぐすね引いてたのだ(ギャグです)。 うちも溶接会社なので,熟練者の技をどうやって若い人に継承していくかは重大な問題である。けれど,今日ニョロ2の検査をしながら考えたのだが(イケマセンネ),技能はつまりは個人技であって,たとえばイチローの振り子打法(古い?)や一本足打法(もっと古い?)をコピ... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/01/25 21:14
明日のお仕事
ニョロ2165本,日曜出勤を経てようやく明日終わりそうだ。と思ったらあっちで開先深さ70mmの溶接が始まってます。UT&PT検査対象です。これはODφ600くらいあるから2シームの溶接に1日以上かかる。その間成績書作りだ。 コロ240本も部材は揃ってる。客先立会アリなので,デジタル器UI-25を公式戦デビューさせよう。げげ,RB42-3でDAC引かないと。重いんだよなぁ,テストピース。素手で扱うとチョット危険ですね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/01/24 23:04
僕の野帳
仕事のときいつも胸のポケットにはこれが入っています。 規格の抜粋や資料を貼り付けてあるのは普通のレベルブックなどと同じだけど,カバーが検査屋っぽいでしょ?B6のメモノートに使用済みレントゲンフィルムのカバーを付けてあるのだ。RT用判定ゲージをはさんだり,資格証を入れたりと便利。汗や雨による濡れ防止も兼ねている。ムスメの写真も当然入っているのでした。 本日休日出勤ナリ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2007/01/21 18:59
大手運送屋さんいろいろ
仕事柄いろんな大手運送屋さんに荷物を頼む。事前に電話をかけると,応対はさまざまである。断っておくがこちらは結構下手に出てというかお願いベースで話している。 @丁寧な応対をする会社,Aぶっきらぼうな応対をする会社,B失礼な応対の会社,Cその他。「人」ではなく,「会社」であるところがミソ。 荷物を持ち込んでみても笑顔で対応してくれる会社はやはり@である。客を客とも思っていないかの対応をするのはBだ。うちで出す荷物は運送業界では「ゲテモノ」というらしい。突発的で面倒な荷物ということなんだろう。それ... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/01/20 20:59
オーバーラップ
本日はおなじみのニョロニョロを検査しました。 浸透探傷していたら円周突合せ溶接部のクレータまわりに浸透指示。なんだかクレータが鼻で,丸ボスが目みたいだったので,口ともう一方の目を書き添えてみた。逆立ちして鼻血を出してる人の顔みたいですね(笑)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/01/17 20:50
品質管理はクレーム対処なのだ(ろうか?) その2
昨日の続きです。 僕はクレームに対処すべく仕事をしているかも知れない。でも,それだけではない。 今僕が仕事をしている会社の社長は,「自分たちの仕事に付加価値を付けたい」と僕を招いた。溶接専門会社で溶接をしない社員は,フツーなら事務員だけでいい。はずなのに,溶接屋の敵でもある検査屋を雇うなんてフツーじゃないのだ。 それはそれとして,「付加価値」。幼稚園児のムスメにもわかりやすくいうなら「おまけ」である。なんて心地いい言葉であろうか! 溶接構造物に秘められたキケンに対する不安を,いつの間にか... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/01/16 23:10
品質管理はクレーム対処なのだ(ろうか?)
品質保証あるいは品質管理は結局のところクレーム対処なのだ,というようなことを,僕が一目置いているKIDさんと話したことがある。 クレームがなければ保証や管理は自己満足でしかない。クレームがあるからこそ,それに備えてさまざまな書類を整備し,客観的裏づけある仕事をするわけだ。 ところがそれは決して直接生産的な業務ではない。間接的には信用を含め評価が増せば受注は増すかもしれない。しかし生産はあくまで別工程である。保証や管理の担当者は何も製品を生み出さないのだ。非破壊検査がサービス業である所以だ。 ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/01/15 23:08
こんな本を読んでます
いつもチェックしているブログの影響も否めませんが,今読んでいる本です。瀬名氏のは図書館で借りたのですが,検査の本は久々に自分で購入したものです。ちなみにパソコン画面には今度ネット注文しようと思っている本が出ているのですが,写真が小さいかな。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/01/11 01:08
明日のお仕事
コロコロが30本来ている。この3連休に溶接士のみんなが頑張って今頃は溶接を終わらせているはずだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/01/08 20:25
安全帯かヴァンアレン帯か(語呂のみ,意味なし)
世間(?)に1日遅れて仕事納めの本日は工場の大掃除。春に竣工した新工場なのでさほどと思いきやさにあらず。みんなが仕事を一生懸命した分,ちりも積もれば煤もつく。では1年間フル操業した来年末は一体…。 久しぶりに安全帯を腰に巻いて,クレーン関連の高所をお掃除しました。KYはOK?でも安全帯はロープがいたるところで引っかかり,僕に言わせれば危険帯である。化学プラントのフレアスタックや反応塔のサル梯子を上るときなんか,邪魔でしょうがない。また,落下時に安全帯が効いたとしても,腹部圧迫や脊椎損傷の可能性... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2006/12/29 21:25
夢心地でお仕事
月曜から微熱続きのまま現場仕事して夜はパソコンも立ち上げずに早寝していたのに,昨日ついにダウン。暮れに2連休はできないということで,今日は薬のせいなのか微熱のせいなのかわからない虚脱感とうすぼんやりした頭でご出勤。なるべく頭を使わないで済む仕事をしてました。 このふわふわ朦朧とした微熱感覚はなかなか気持ち良かったりする。いわゆる夢心地ってやつですな。 でもミスが起こるのはこんな体調の時。回復基調の今,今日の仕事に不手際がなかったか心配になってきた。あの内リブ,けがき線にきっちり合わせて仮付け... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/12/28 20:33
今日のお仕事はケガキ
産業用機械の組立て溶接に備え,部材に罫書をしていたのだが。 φ1000厚さ50ほどのドーナツ型円盤状の鋼板(つまり中心がない)に角度で割り振った位置を決めるため,任意の1点から(r×sin(θ/2))×2で弦の長さに換算し,鋼尺を渡すという方法を採った。手間がかかるし精密品には適用できない方法である。もっと正確で効率のいい方法はないものか。A2とかA1位の大判図面を打ち出せるプロッタがあればトレーシングペーパーに原寸図面を印刷して部材に乗っける手もあるだろうけど。 考えるよりも取りあえず出来... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/12/22 22:38
デジタル器!
 社長からクリスマスプレゼントを頂きました。なんとデジタル探傷器である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/12/21 22:08
断線!
午前中に検査を終わらせないと納品が間に合わないってのに探触子ケーブルが断線したのである。ケーブルの予備がないので以前から「変換プラグ(G-LEMOケーブルは数本持ってるので)を買って」と要求しながらつい延ばし延ばししてたんだ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2006/12/16 23:23
インスペクターズ・ハイ
ニョロニョロが〜ニョロニョロが〜ニョロニョロが〜ニョロニョロが〜ニョロニョロが〜ニョロニョロが〜……本日僕はニョロニョロの島へ漂着したヘムレンさん状態でした。(新ムーミンを見ない人には意味不明ですね)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/12/15 22:12
今日のお仕事
忘年会でした。四街道市駅前の「千倉亭」にて。料理がおいしかったな。新鮮な魚を食べさせる店はいくらでもあるけど、味付けのいい店はなかなかない。いい材料を使っても、職人の腕が良くなければお客さんの満足は得られない。溶接も含め、いろんな仕事に共通することだね。と、今年はまとめておこう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/12/10 07:40
X線写真に写った溶接欠陥像
溶接部のX線写真の裏から照明を当てるとこんなふうに見えます。お医者さんでレントゲン写真を見るときに使うシャーカステンという照明器具は,工業検査でも使います。ドイツ語っぽいですよね(シャウエッセンみたいね)。 円筒形のチューブにかぶせたフタの全周を溶接したものに少し斜めにX線を照射して,その裏側にレントゲン用フィルムを置くとこんなカンジの透過像が撮れます(右上の丸い輪はチューブに開いてる穴っこです)。ただし,シャーカステンなどの照明器具がないと観察できません。もっとも,現像もなしにリアルタイムで... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/12/05 21:31
みかん狩り
市原の「房総十字園」へ,今年もまたみかん狩りへ行ってきた。朝から行楽日和で,袖ヶ浦公園で市の商工会がやってたイベントをひととおり眺めた後,そのまま行ったのでカメラを持って行くのを忘れてた。で,奥さんのケータイで撮影してもらい,メールで転送したのだが。もしかしてマクロモードで撮ったんじゃないの? まぁHIWA嬢に目隠しをしないで掲載できるからいいか,ということでそのまま写真を載せました。ヤギが2匹いて,下草をはんでいました。みかんの皮はやめときな,という前にHIWAさんの手からパクッと自分で取っ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/12/02 23:04
今日のお仕事
今日はニョロ^2を50本片付けた。予定は30本,明日残り20本&成績書作成と考えていたけれど,koちゃんが前処理を頑張って手伝ってくれたおかげでなんと成績書まで片付いてしまった。1人+1人>2人前である。では1人+1人+1人では? 作業には適正人数が存在するので,多ければいいというわけではないし,また常に1人+1人>2人前となるわけでもない。手伝うものの能力,指示するものの器量,お互いの相性など,影響する因子は多い。 忘れていけないのは,いつも誰かの「おかげさま」で仕事をしている,ということ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/11/24 20:42
不合格欠陥2
浸透探傷の不合格欠陥です。連ブロー&集中(巣)ブロー。溶接中にワイヤのスプールが終わったのかね。あるいはシールドガスが切れたか。同情的に捕らえておきましょう。 こんな欠陥が裏波表面にあったら超音波では見逃す可能性が高いな。 断っておきますがうちの工場で溶接されたものではありません。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/11/22 22:38
合格欠陥
「合格欠陥」という言葉はとても胡散臭い。欠陥なのに合格なのか? 実は(と言うほどのことではないが)溶接検査の合否基準ってやつは,その道と無縁な人には解りづらいのである。あるいは判ったような解からないような。欠陥だけど合格などと言うと,はぐらかされたような気になるらしい。 たとえばこの写真。僕が超音波検査で手直しとした溶接部をグラインダの歯で舟型に削り集中ブローホールを確認してもらったものである。ケータイカメラなので見にくいけれど,細かいブローホールがプツプツと入っている(溶接線まわりのブツブ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/11/21 22:51
今日のお仕事
写真奥におなじみのニョロニョロが見えます。100本押し寄せます。浸透探傷と超音波探傷の検査は1時間あたり4本計算です。ということは25時間コース。1日8時間なら3日! 写真手前はニョロニョロより一回り大きい(板厚は29mmもあるんですが)コロコロで,こちらは24本ありますが検査は超音波だけです。ニョロとコロは使用探触子,感度設定用試験片が違うので装置の設定も別です。 今日は午前中,都内の客先工場にて納入品を検査してきました。昨日溶接士Tさんが休日出勤して溶接したものです。こちらは板厚69mm... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/11/20 22:12
転職するって本当ですか(ダ・カーポ調)
昨日通勤途中で偶然スーさんに会い,コンビニの駐車場で一服しながら近況を聞いた。今の会社を辞めるらしい。次はまだ決めていない様子。 僕もいろんな仕事を巡り歩いてきた人間であり転職肯定派なのだが,転職はタイミングが大切だよね。スーさんがグッドタイミングでいい職場につけることを祈りつつ,タイトルフレーズを鼻歌にして今日も超音波検査してました。 交際してた相手を振る前に別の相手を見つけておくことは振ったことを後悔しなくてすむ方法だけど,転職も同じだよね。ただし,今の会社の規則を確認してからね。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2006/11/18 23:26
二次試験だった
非破壊検査協会資格の2次試験に行ってきた。江東区国際展示場近くのTFTビル最上階にて。東京テレポートステーションへ渡る橋の建設当時は整地されただけの埋立地だったところなのに,袖ヶ浦にはない高いビルがあちこちに建ち,今はすっかりオフィス街っぽくなろうとしている。僕が以前いた工場で検査したスパイラル管がこの辺にもたくさん打ち込んであるんだろうな,とか思いながら,周りを眺めた。建設中のビル鉄骨やら連結中の道路橋など,過去に僕が携わったのと同じような仕事を今日もそこで誰かがやっているのだ。そうした同業者... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/11/08 17:08
検査屋の苦悩(,なのか?)
板厚100mmのチューブの突合せ溶接である。外径が500を超えていてRB41を使えるからまだいいのだが,探触子は外面からしかアプローチできない(ボイラの圧力容器なら内側に入って苦しみながらやるけどね)のでチューブ側から1スキップさせないといけない。45度でフルスケール300mm。65度なら500mmか!70度なら…。=100/cos(70×π/180)です。距離振幅特性曲線は直射分が急勾配になる。L線カットが微妙なレベルだよ。 監視範囲だけでいいから1プッシュでワイド画面表示するような仕組みを... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2006/11/01 23:08
今日のお仕事
先週末からニョロニョロが押し寄せているので他の仕事が手付かずのまま蓄積されてゆくぅぅぅぅぅぅぅ…。寒くなってきたし,このままではぎっくりが再発してしまう。明日で切り上げるぞ!!で,デスクワークは腰痛促進のみならず眼精疲労もくれるのね。ありがとう。いただきます。 11月8日の2次試験が終わるまでの辛抱だよ。まぁ次回受験のための下見と言う結果が見えてますが。だって帰宅後は集中力ないし眠いし。トシなのか。いかん,この後ろ向き加減が年寄りなのだ。とりあえずリポDスーパー飲んで,明日も頑張るよ。 と言... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/10/24 23:48
誰かつくって
仕事が少し忙しくなってきた。検査物が目白押し。CAD図面作成が追いつかない。部材の搬入がコマギレで把握しきれず部材管理が混乱している。難しい溶接方法の依頼が来る。材料の発注管理・在庫管理もやんなくちゃ。DACの異なるUT対象品をアナログ探傷器で同時進行させる。日が短くなって窓の外がすぐ暗くなるのもプレッシャーに思える。2次試験も近づいてるし,公私共に時間が足りない。 なんて言いながら,日々しょうもないことを考えています。先日昼食時の雑談で出たのが,デジカメのCCD,映像エンジン,液晶モニタを応... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/10/21 22:58
明日のお仕事
怪我してる胸をかばいぎっくり腰に用心しながらニョロニョロ(過去ログ参照)を持ち上げて体を捻ったのがイケナかった。右の背筋を痛めたようだ。ぎっくり腰並みに電流がかけぬけた。すぐに冷やせばよかったけど,シップしようにも手が回らない…。長距離の帰宅車中が大変だった。 ko-ちゃんが頑張ってニョロニョロを仕上げたから明日は目一杯PT&UTだ。検査自体は大したことないけど,並べたり運んだりがきつそうだな。25万の管球を抱っこしてスクワットするのと同じような,キビシイ日になりそうな予感。まぁ雪に埋もれた水... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/10/17 22:34
夜分恐れ入りますが
資格試験の勉強に疲れたのでブログの更新でも,とはじめたところへ僕のHPのメインキャストS氏から電話が来た。どうやら山へ出張中で相変わらず温泉宿にて酔っ払ってる様子。千葉からはtajifくんが若い衆を引き連れていっているそうで。いいなぁ,鳥海山の麓だって。来週は青森シリーズとのこと。たまには出張したいね。 職場が変わり,もう出張なんてないと思うとさびしいね。検査会社にいた頃は年の半分以上出張してたこともあった。 沖縄から千葉に来てたhatahataさんなんて3年くらい出張してたかな。決して赴任... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/10/16 22:37
今日のお仕事
今日の検査品は外径250、厚さ30ミリのチューブの突合せ溶接部なので、JIS規格に従えば2メガ70度の探触子でRB42-2の横穴にエコー高さを合わせた後,感度補正するんですが,そんなことはどうでもいいか。 5メガと比べると、2メガはウーファーですな。で、低音だから遠くまで音が届く、と。音波屋さんはオーディオをやると役立ちます。でもオーディオもソフトからアプローチする人,ハードから攻める人,いろいろいます。いずれにせよ基礎理論は通過点ですね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/10/16 13:10
今日のお仕事
搬入部材のリストを作って客先に不足分を催促(?)しました。アクセス&エクセルですぐできるんだけどね。 外観検査写真を整理してアウトルックで客先にメールを送りました。 検査成績書を2件,エクセルにてアップしました。 自主検査予定の品物の成績書用図面をオートキャド(やっとマイクロソフトから離れた)で2品作りました。 社内標準作成スケジュールを組みました。 おいおい,パソコンばっかりやってるよ。運動不足間違いなし。せめて事務所の階段は駆け上がろうかな。 最後に,明日納入予定の品を非破壊検査... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/10/03 22:27
今日のお仕事
厚さ60ミリのチューブの突合せ溶接部を超音波検査。その前に浸透探傷。写真は検査セットです。JIS規格に従っての検査をしています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/10/02 16:46
通勤途上
朝しばしば寄るローソンです。レジにいる二人のオネーサンが朝から明るい声で愛想良く、元気をくれます。この二人を採用した店長さんはお目が高い。四街道のみそら団地近くにあります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/09/22 21:40
今日のお仕事
ムーミン谷あたりに出没するニョロニョロは当工場で製作しています。と言うのは冗談で,風車で使うシリンダーです。溶接部の内部きずは超音波で,外表面きずは浸透探傷で検査します。今日は14本のみ。あとは事務所にて書類作成やらなんやら。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/09/21 22:23
今日のおしごと
今日のお仕事 土曜日の続きでPT,UT。あわせて16本検査してすべて合格です。溶接工が優秀だから。 午後は先月入った新人溶接工koちゃんの歓迎バーベキュー。工場内に漂うのはヒュームではなく木炭の煙と焼肉のいいにおいでした。クルマ通勤なのでビールが飲めなかったのは残念だった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/09/18 22:02
今日のおしごと(高炭素鋼UT&PT)
本日の検査、といってもPTとUTしか設備してないけれど、外径365内径300のシリンダチューブをやりました。 材質はチューブがS45C(H)、クレビスがSCW480。溶接は難しいよ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/09/16 14:22
ブログお仕事編はじめました
ヤフーのジオシティーで個人的趣味的ブログをやっているけれど,せっかくなので仕事関係のブログも始めてみることにした。 で,本日のお仕事。シリンダ溶接部の浸透探傷と超音波探傷。タイトル画面の写真は超音波検査風景。ここの写真は浸透探傷検査風景。白の乗り具合が経済的かつ効果的でよろしい,と自画自賛する,そんなブログになりそうです。 ちなみに超音波探傷器は新品のまま15年ほど倉庫に眠っていた東京計器のSM100です。いまどきこんな接栓勘弁して,ってカンジのヤツです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/09/14 21:41
花火なのだ
8時過ぎなのに花火をするハメになった。HIWA嬢のやつ,haruちゃんと約束したらしい。夏休みに入る前にこの夏最初の花火遊びをして,その残りが少しあったのだがそれだけでは足りそうにないので近所のお店でわざわざ買ってきた。国産花火は高価である。確かに中国産とはちょっと違うな,火のつき方が。 今日仕事場に入ってきた中国産の鋳物,巣だらけで。現地で荒削りしたときに表面に出てきた巣を溶接で埋めたらしいのだが,日本で加工切削の際にやっぱり穴ッコがむき出しになり,仕方なくうちの工場に化粧直しに出されたの... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/07/26 22:42
溶接する非破壊検査屋
話せば長くなるが,そうなった。 そのうち溶接する品質保証屋になるはずである。 ちなみにこの写真は僕の溶接作品です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/06/12 22:03

トップへ | みんなの「仕事」ブログ

  
袖ケ浦在住非破壊検査屋 仕事のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる