袖ケ浦在住非破壊検査屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 義弟を送る

<<   作成日時 : 2017/09/08 18:15   >>

トラックバック 0 / コメント 0

9年前もこの時期に中央道を西へ、義弟(家内の弟)に会いに行ったのでした( http://niwatadumi.at.webry.info/200809/article_5.html )。同じ道を今回は、彼を見送るために辿りました。

なんだか長い名称の○○症候群という難病で、吸った息がうまく吐き出せないとか、ガス交換、特に二酸化炭素の排出がスムーズにできないとか、いろいろ耳にしましたが、結局治療法も見つからないままだったようです。

一旦は治ったかに見えたけれどその後何度か入退院を繰り返し、呼吸器を喉に刺したままの寝たきり状態で痩せ細っていきました。7月の終わりにもう危ない状態と聞いて家内と二人で見舞いに行ったときにはまだ文字書きで意思の疎通ができましたが、今月初めに危篤となり、その後1週間で息を引き取ったのでした。

享年49歳。

離れた土地で暮らしていたので、僕自身はさほど深い付き合いもなかったけれど。

彼が健在の頃、うちのお嬢を含め潮干狩りに行ったり仲良く遊んだ中3の長男はともかく、小6の次男は元気なおとうさんの姿を知らないまま遺影を持っていたのでしょう。ここまで奮闘してきたおかあさんも、人生の一区切りでしょうか。

実弟を亡くした現実を姉たる家内はどう受け止めているのだろう。

まだ元気な義父母が消沈しないよう気を付けないといけません。

ご近所を含め葬儀への列席も5度目となったhiwa嬢、今回は通夜式・告別式と受付を手伝って、人の死に絡む現実(人間関係やお金)について何か学んだかな…。

2日間の忌引き。

そうして、今年の夏が終わります。






「日本ブログ村」のランキングに参加中。下のバナー(アイコン)を一日一回ポチっとクリックして応援お願いします。
技術・工学ランキング

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
にほんブログ村 科学ブログへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
  
義弟を送る 袖ケ浦在住非破壊検査屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる