袖ケ浦在住非破壊検査屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 書籍読み放題サービスのこと

<<   作成日時 : 2016/08/15 06:20   >>

トラックバック 0 / コメント 0

Amazonの書籍読み放題サービス「Kindle Unlimited」が始まりましたが、プライム会員でも料金は発生するので利用する気は僕にはありません。
雑誌の読み放題サービスの比較記事(http://www.wildhawkfield.com/2016/08/rakuten-magazine-line-up.html)なんぞも見てしまったりもするのではありますが、やはり昭和生まれの保守性がなせる業か、そもそも電子書籍自体に魅かれないのでした。

高校からの帰り道、松田屋か中島書店に立ち寄っては背表紙に彩られた書棚を眺めていました。カラフルなデザインのみならず、何という作家がどこの出版社からどんな作品を出しているのか、背表紙を見て学習しましたね。気になるタイトルの書籍は手に取って解説を眺め、化粧箱入りの単行本に垂涎し、たまに出会う紙質の異なる書籍に惹かれ…。

今でも書店に立ち寄ると、つい時間を気にせず眺め入ってしまうのです。あ、文房具コーナーでも同じか(笑)
もちろん図書館でも長居しがちで腰によくありません。

製本された書籍で育ってきた世代なので、本はやっぱり紙だな。

でも肝心の本の中身、特に小説は、本屋さんも図書館さえも、純文学が減りました。純文学風であってもセリフの多い、ストーリー重視のお話ばかり。描写で魅了するような小説はもはや需要が少ないのでしょうか。
そのせいだけではなく多分に自分の集中力減退のせいもあるのですが僕自身の選択肢も、エンタテインメントものばかりになってきました。

文学はどこへ行くのか、本屋さんはどうなるのか、図書館はどう変わるのか…。





「日本ブログ村」のランキングに参加中。下のバナー(アイコン)を一日一回ポチっとクリックして応援お願いします。
技術・工学ランキング

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
にほんブログ村 科学ブログへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
  
書籍読み放題サービスのこと 袖ケ浦在住非破壊検査屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる