袖ケ浦在住非破壊検査屋

アクセスカウンタ

zoom RSS イギリスの国民投票結果(EUから離脱)を受けて考えたこと

<<   作成日時 : 2016/06/25 13:05   >>

トラックバック 0 / コメント 0

4年以上前にJIS改訂に絡んでこんな文章を書きました。いわく、「ISOやENの海外規格と齟齬をなくすべくJIS Z 2305を改定するようですが、ワールドスタンダードを主導するための戦略として、時節に合致しているのか、国内検査業界の情勢を見極めた結果なのか、未来への楽観的予測に基づいたものなのか。それとも戦略でも何でもなく、技術の安売り競争の結果協会の収入が予想以上に目減りしてしまったせいなのか、その辺の事情は僕なんかにはどうしようもないし、どうでもいいのです。」(→ http://niwatadumi.at.webry.info/201210/article_1.html )。

さて、JISの戦略目標だったEN規格(欧州統一規格)の大元はEU(欧州連合)ですが、昨日の国民投票の結果イギリスがそのEUから脱退する方向に舵を切りました。もちろんこれから脱退に向けた協議に入るのであって、すぐに別の経済規格に移行するようなことはないにしろ、脱退の意向はイギリスのみならず独仏伊などEU主要各国にも湧いており、EUは存続の危機を孕んだといってもいいかもしれません。

まあENがチャラになったところでヨーロッパ各国の旧規格に戻るか、あるいはENを踏襲した焼き直しになるかだけなのでしょうが、今まで日本規格協会の尽力とオカネが無駄になりそうな気もしないわけではない(←ドッチナンダヨ)。

ISOにしたってやっぱりヨーロッパだけでなくアメリカ中国ロシアなどなど各国の思惑が絡むので一本立ち出来ようはずもなく、輸出入にかかる製品はダブルスタンダード、トリプルスタンダードの網をかいくぐる面倒が続くのですね。

といいつつ、やっぱり僕の暮らしに直接目に見える影響は、モノの値段以外はない?

ああ、EUが移民難民を受け入れなくなる分アジアに回ってくる可能性はあるし、日本には想像力に乏しい受け入れ賛成派も多々いるので、もし大挙して日本に入ってくれば僕の老後のバイト先なんてなくなっちゃうかもしれませんね…。

そしてアメリカ大統領選挙も、妄想癖のある僕には不安要素いっぱいだ。






「日本ブログ村」のランキングに参加中。下のバナー(アイコン)を一日一回ポチっとクリックして応援お願いします。
技術・工学ランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
  
イギリスの国民投票結果(EUから離脱)を受けて考えたこと 袖ケ浦在住非破壊検査屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる