袖ケ浦在住非破壊検査屋

アクセスカウンタ

zoom RSS PT3再認証試験合格(速報ベース)

<<   作成日時 : 2016/04/13 23:21   >>

トラックバック 0 / コメント 4

画像速報ベースながら、資格の更新試験は無事合格できたようなのでひと安心。一年後には更新された資格証が届くことでしょう(登録料を払い込めば)。




画像













ああ、あれから10年になろうとしているのでした。
以下、PT3初受験当時の記事。
http://niwatadumi.at.webry.info/200609/article_7.html
http://niwatadumi.at.webry.info/200610/article_3.html
http://niwatadumi.at.webry.info/200611/article_2.html
http://niwatadumi.at.webry.info/200701/article_11.html

そうして、そうか、小学校のPTA本部役員として関わり始めたママさんバレーも…。
http://niwatadumi.at.webry.info/200705/article_6.html

なんだか思ってたのと違う場所に立っている気もするけど、家族3人無事に過ごしてこれたから、ま、いいか。




「日本ブログ村」のランキングに参加中。下のバナー(アイコン)を一日一回ポチっとクリックして応援お願いします。
技術・工学ランキング

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
にほんブログ村 科学ブログへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ぼっち、ですね。
RT3も1次の時点で、コウノトリとは行かないものの、希少価値になっていますね。
UT主体の会社(ジャ・・、etc)は、人員配置や受注活動に苦労するでしょうね。
63才頃から、更新試験が続きます。流石に全部は無理でしょうね。RT3をRT2にレベルダウンしようかと思い、問い合わせたところ、特典はなし、単に新規扱いと言われました。
ラミネートでない新しい資格証が届くのが樂しみですね。
私は、このところJPの柔探で遊んでいます。
yama
2016/04/16 13:55
祝合格
最近、全数検査と抜取検査の違いが分からず悩んでいます。小径配管の全数PT検査は外面しかしないので、抜取検査だと考えると、不合格箇所が検出された場合、内面も確認する必要が生じますが、誰も追加で検査しないところを見ると全数検査だと認識しているのだと思います。そこで仕様書に規定された対象箇所が、ロットの全数と考えると、ほとんどの検査は全数検査となります。但し、仕様書に明確な数値が記載されず、「溶接部の20%」となっていれば、抜取検査となります。要するに仕様書にどう記載されるかだと思うのですが・・・・・
天使
2016/04/18 10:00
yamaさんこんばんは。UT3はすでに新しい資格証です。片面だけコピーをとればいいので楽です(笑)
niwatadumi
2016/04/18 22:46
天使さん、資料ありがとうございました。
さて、このコメントですが…何を言ってるのかさっぱりですwwwwwwwwwww(*´▽`*)
niwatadumi
2016/04/18 22:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
  
PT3再認証試験合格(速報ベース) 袖ケ浦在住非破壊検査屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる