袖ケ浦在住非破壊検査屋

アクセスカウンタ

zoom RSS また合格欠陥を手直し

<<   作成日時 : 2007/02/01 20:30   >>

トラックバック 0 / コメント 3

また合格欠陥を手直しにしました。

画像
RB42-2φ3mm横穴をH線,+12dBで周溶接部を探傷してます。


















あ,なんか低いエコーがチラッと…。浅いところで深さは10mmほど。
断続的にほぼ全周ですね。
L線カットでは合格ですが,許せませんね。手直ししてもらいましょう。

画像


















旋盤で約10mm切削しました。
一部分,欠陥が顔を出しました。




画像


ケータイで探傷中のモニタ画面を動画撮影しましたが,再生できないみたい。やり方を研究しときます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
追加解説
問題となるエコーはゲート(黄色の横線)の左側,横軸で20(mm)あたりの緑色の山です。
また,12dBupなのでL線は下から3番目です。念のため。
UI-25では距離振幅特性曲線ごとガバっと感度を持ち上げる機能がありますが,1プッシュじゃないので僕は使いません。
niwatadumi
2007/02/20 22:36
合格きずを手直しさせるとは・・・隠顕ですな
あらら・・・
2007/03/02 23:23
あらら…さん(?),ようこそいらっしゃいました。
僕は溶接会社で品質保証をしているので非破壊検査対象はほとんどが社内検査です。検査結果は溶接士にフィードバックするのですが,その目的は技能向上にあります。自分の溶接品質に対する意識が高いうちの溶接士たちは,これを陰険とは思わないので大丈夫です。
もっとも,UTでOKになるぎりぎりの欠陥だけ入れられる溶接士の方が技能としては上でしょうか(笑)。
niwatadumi
2007/03/03 18:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
  
また合格欠陥を手直し 袖ケ浦在住非破壊検査屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる