冬晴れの日、千葉廣済堂カントリーにて

画像危うく年イチゴルファーになってしまいそうでしたが、ようやく今年2度目のラウンドをしてきました。久々の千葉廣済堂カントリー倶楽部(今調べたらちょうど6年前だった)。

「廣済堂レディスゴルフカップ」のトーナメントコースです。昭和40年会場というからもうすぐ半世紀になんなんとする由緒あるゴルフ場ですね。レトロな雰囲気いっぱいで(レトロと言ってもチープからリッチまで多様ですが)、トイレの窓が木枠の引き違い戸なのですが、その鍵も懐かしい「ねじ式錠」(「ねじ締め錠」とも→ https://www.google.co.jp/search?q=%E7%AA%93%E3%80%80%E9%8D%B5%E3%80%80%E3%81%AD%E3%81%98%E5%BC%8F&hl=ja&rlz=1T4GUEA_jaJP561JP561&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ei=rni1UrS8CsPPkwXI44EY&ved=0CDoQsAQ&biw=1366&bih=621 )でした。用を足しながら目の前にぶらさがった長ねじを眺め…(以下自粛)。

ゴルフとは全く関係ありませんが、「となりのトトロ」でサツキが家の鍵を閉めるシーンがありまして、そこで回しているのがねじ式錠。
ついでにどうでも良いことですが「ねじ式」と言えば、つげ義春の「ねじ式」が鴨川の太海(仁右衛門島が有名な漁師町)を舞台にしていたことを最近知ったのでした。

と、ゴルフから話を遠ざけようとしたのは、ごめんなさい、お察しの通りスコアが悪かったからです。
言い訳は背中の痛み。昨日の朝から心臓の後ろあたりに小規模なぎっくり腰的痛みが生じ、フォロースルーができない状態でした。早めにキャンセルすればよかったのですが、先にF島さんから都合が悪くなったという連絡が入り、幹事まで抜けるわけにはいかない…なんてのは表向きで、少々痛くても行きたいのがゴルフ。

朝から風もなくいい天気で絶好のゴルフ日和だったのです。O野ちゃんも張り切ってスタート1時間半前から来場して練習していたとのこと。前回同行したH谷さんも天候不良でキャンセルした一昨日の別のラウンド分、やる気十分でした。

ああ、出だしの4番アイアン、頂き物のツアーステージX01(ブリジストン製のボールね)の性能だけではない、素晴らしい飛びだったのに…。

西コース51+南コース48=99。最終ホールのバンカーで4回も叩いたのが余計でしたが、もう1回で3ケタになるところだったのです。いやいや砂の少ないバンカーが昨日までの雨で締まって固い固い。ただでさえ背中が痛いってのに、すっかり廣済堂のガードバンカーにやられちゃいました。

でも、楽しかったのです。気の置けない仲間たちと一日バカなことを言いながら技を競い合う(?)幸せ。ライバルF島さんの不在が残念ではあったけれど、来年そうそう、一緒に行けるでしょう。

圏央道木更津東IC~東金IC間の開通でゴルフ場へのアクセスが良くなり鶴舞IC周辺の交通渋滞がひどくなったというので、今回は鶴舞ICよりも手前のコースを選んでみました。次回は南へ向かおうかな。





「日本ブログ村」のランキングに参加中。下のバナー(アイコン)を一日一回ポチっとクリックして応援お願いします。
にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ 技術・工学ランキング
にほんブログ村 科学ブログへ

"冬晴れの日、千葉廣済堂カントリーにて" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント