谷村康行先生のこと

SUBALさんこと谷村康行先生の訃報を目にしました。このブログを通じて知り合ってからずっと僕が尊敬している数人中のひとりでした。
ここしばらくブログの更新がなくFacebookでもタイムラインに上がってこないことを気にしてはいたのです…。いつも多忙な方だし便りのないのは元気な証拠とばかりアクセスせずにいたところ、今日たまたまFacebookで見つけ、家内と共に衝撃を受けました。

谷村先生とは、僕が非破壊ブログを立ち上げ半年くらいした頃に初めてコメントをいただき( https://niwatadumi.at.webry.info/200612/article_3.html#comments )、以後SNS上での交友を続けてきました。非破壊検査以外の話題でも数々の有益なコメントをいただき、先生の勤務先であった航空専門学校の教え子さんたちに負けないくらい僕は先生を恩師と思っています。
そのきっかけは我が家で「SUBALさん事件」と称している出来事でした。
当時定年を控え後継者を探していた先生から北海道に来ないかと誘われ、家内はもちろんのことK製鉄のM氏(検査協会関係の方)、T電力関連のコンサルS氏(仕事上で今も僕が尊敬してやまない仙台人)を巻き込みながら結局のところお断りするまで、激しい心理葛藤の1週間を過ごしたのでした。その1週間があったから今の僕がいると言っても過言ではありません。家内もそれを分かっているので訃報のショックを共にしたのです。

さて、これまで先生は、当時のブログ仲間であるねじ博士・門田先生との交友から数々の非破壊関連(のみならず)書籍を著されました。僕の書棚にも協会テキストと同じエリアに並んでいます。難解な言い回しを使わない平易な表現で現場向きの解説本はとても貴重で、或る意味業界の金字塔と言えます。

・「絵とき 超音波技術 基礎のきそ」→ https://niwatadumi.at.webry.info/200711/article_18.html

・「絵とき 非破壊検査 基礎のきそ」→ https://niwatadumi.at.webry.info/201104/article_8.html

・「おもしろサイエンス 破壊の科学」 → http://niwatadumi.at.webry.info/201203/article_7.html 

・「おもしろサイエンス 五重塔の科学 」 → https://niwatadumi.at.webry.info/201304/article_7.html 


声をかけていただいて以来13年間でたった一度だけですがお目にかかったことがあり( 「SUBALさんの講演に」
https://niwatadumi.at.webry.info/201210/article_2.html?pc=on )、短い時間ながら有意義なひとときを過ごさせていただきました。あれからもう7年。
僕のアンテナは鈍くなり、先生の訃報に一か月も気付けませんでした。
そして先生は手がけていたプロジェクトと取り組む多忙のゆえ検査屋の勘をご自身に向けそびれたのでしょうか。
僕の父と同じ心不全とのこと。思うところは次々と湧き溢れ…

このブログのコメント欄に残る先生からのたくさんの言葉を読み返しながら、僕にとっても非破壊検査業界にとっても本当に大切な人物を失ったことを、今更ながら思い知っています。

合掌



谷村先生のブログ「かたちのココロ」もこちらから↓

「日本ブログ村」のランキングに参加中。下のバナー(アイコン)を一日一回ポチっとクリックして応援お願いします。
にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
にほんブログ村
にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村

この記事へのコメント

大阪の小さな町工場勤め
2020年02月17日 13:58
初めてコメントいたします。私も非破壊検査(RT-3,UT-2,PT-2)従事者です。前任者の突然の死去により非破壊を任され早15年。誰も教えてくれる人がいない中、SUBAL様、貴殿のブログ等を参考に知識、見識を深めていきました。11月の「PT-3のパートFの判定基準」に関しての情報は私です。(また不合格でしたが。。春の再試験でリベンジします。)実は、SUBAL様と同じ苗字であり、また近年SUBAL様が大阪でお仕事される場所がすぐ近所であり、企業様がちょっとしたお知り合いだったりします。そんなことで勝手に「師匠」と心の中で思っておりました。ブログの更新が1月初旬より止まっていたので、「お忙しいのかな?また海外に行っておられるのかな?」と思っていたところでした。本当にびっくりして、思わず
コメントさせてもらいました。残念です。。。
ご冥福をお祈り申し上げます
niwatadumi
2020年04月29日 20:58
大阪の小さな町工場勤め さん、今頃になってようやくコメントに気付きました。申し訳ありません。

「非破壊検査」vol.69(2020/4月)のNDTフラッシュは、くしくも谷村先生の自己紹介寄稿でしたね。まだまだ活躍して欲しいひとでした。一緒に冥福を祈りましょう。合掌