たまには図工のお時間

画像工業地帯を歩くといろいろなカタチの貯槽(タンク)に出会います。円筒横置型、円筒縦型、角形に球形…そしてそれぞれに屋根や底板の形状による類別があり、他にも地下タンクや二重殻式、スフェロイド型、高架水槽など変わり種もあってなかなか奥が深い。

このところ円筒縦型固定式円錐屋根貯槽(とんがりコーンを伏せた丈を潰したような屋根形状からコーンルーフタンクと称す)の建設工事に関わっていて日々CADとExcelのPC作業が続いていました。

ただ、図面ばかり眺めていてもなかなか立体イメージに繋がらない部分もあって、そういう時はモックアップを作成してしまうのが手っ取り早い。

ということで、午後は図工のお時間でした。

厚紙を使えばキレイに仕上がるのだけれど、厚紙へのプリントアウトが困難だったのでコピー用紙出力のまま切り抜き、組み立て。したがって不器用丸出しのヘロヘロな仕上がりですが、うん、やっぱり百聞は一見に如かず、方位と溶接線の位置の関係など、一目瞭然だ(自画自賛)wwwwww




「日本ブログ村」のランキングに参加中。下のバナー(アイコン)を一日一回ポチっとクリックして応援お願いします。
技術・工学ランキング

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
にほんブログ村 科学ブログへ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック