人材育成

僕の所属する会社では事業の存続のためにも広く人材を求めているところでありますが、仮に人が入ったとしてその育成について具体的なところはまだ決まっていないのでした。

人材育成。

うーん、一応子持ちなので人を育てたことがあります…と言いたいところだけれども、親はなくとも子は育つと云う通りひとは勝手に育つもので、僕的にはムスメの成長に合わせて環境を整えただけなんだと思っています。

その環境の中でその人が何を学習し思考し成長するのかはその人次第。

教え導くというのは導こうとする方向が正しいと信じる人の思い込みであってそれを押し付け同じ方向に向けたとしてもそれはマインドコントロールではないのか。

なんでも自分の思う通りにしたくて、部下の一挙手一投足まで管理しようとする上司がいますが、部下が自ら学び実践する環境を与え、その采配を見守る上司もいます。

僕は後者派です。定修を手助けしてしてもらうために来ていただいた監督もそうして見守ってきました。彼らが揃えばもう僕は椅子にふんぞり返っているだけで現場がすすみます。

なぁんてね、こんなのはただのめんどくさがり屋の思考でしょうか。




「日本ブログ村」のランキングに参加中。下のバナー(アイコン)を一日一回ポチっとクリックして応援お願いします。
技術・工学ランキング

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
にほんブログ村 科学ブログへ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック