溶接記号に戸惑う…

画像黒白反転部分の溶接記号がちょっと脳裏に引っ掛かっています…。

うーん、断面図に直したとおり、たぶん手前がルートギャップ2mm開先深さ3mmのレ形開先と脚長3mmの隅肉の組み合わせで、あっち側はルートギャップ4mm開先深さ4mmのI形開先と脚長3mmの隅肉の組み合わせなんだろうと思うけれど、この記号、レ形&I形でいいんだよね?
ルートギャップ寸法の記入場所を確保しようとしてレ→| /、||→| | と離してる…という解釈でいい?
独特(?)な描き方にちょっと戸惑い。

機械・プラント製図技能士の勉強しとけばよかったかなぁ…。





「日本ブログ村」のランキングに参加中。下のバナー(アイコン)を一日一回ポチっとクリックして応援お願いします。
技術・工学ランキング

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
にほんブログ村 科学ブログへ



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック