ムスメの進路

神の啓示でもあったのか、ムスメhiwa嬢(中2)が今夜突如として「将来の夢」(?)を語りだした。

高校を卒業したら公務員になって市役所に自宅から通う、と。ただしそれは木更津高校に進学できたらの話だそうで。袖ケ浦高校に進学した場合はさらに大学へ進学して、その先はまだわからないと。

ちなみに袖ケ浦高校の偏差値は50ちょい、木更津高校は70くらい。

僕らの時代は大学ダメだったら初級公務員、とか考えたけれど今は事情が異なり、競争率の高い公務員試験を突破するためにはレベルの高い高校に進学できる学力がないとダメらしい。

それはともかく、いよいよ進路について考えなきゃならない年頃になったわけで、いつまでも無関心を装うわけにもいかないようだ。

地元に残る、自宅に居続ける、それは父親としてはうれしいことなのだけれど、地元も家も捨てて好き勝手やっていた自身を顧みるにつけ、「かわいい子には旅をさせろ」が子供の自立を促すのじゃないのかとも考えるわけで。

正解はもちろんないだろう。

ならば彼女の運命は彼女に選ばせるがいい。

親は陰のサポートに徹するだけだよね…。


…今宵は みのべありさ さんの「日曜日の唄」を聴きながらブログ更新してるのでした。




「日本ブログ村」のランキングに参加中。下のバナー(アイコン)を一日一回ポチっとクリックして応援お願いします。
にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ 技術・工学ランキング
にほんブログ村 科学ブログへ

この記事へのコメント

天使
2014年11月08日 12:57
冬の視線を背中に感じる最近の季節ですね。
私は工業高校生の頃、明治生まれの祖父の啓示で進学を決めました。知らないうちに1浪と1留年し、6年が経過しました。友達思いの私は迷わず地元で就職活動を行い、職業安定所の紹介で今の会社にお世話になりました。しかし、悪友達と遊べたのは最初の頃だけで、すぐに全国をグルグル廻る暮らしになり、今に至っています。地元に残るためには、まず県外に出る必要があります。その内自然に地元に引き寄せられると思います。
大魔王
2014年11月08日 23:21
子供の進路は神のみぞ知るといった感じですね。
偏差値70なんて高校に進んだら,進学せざるを得ないんじゃないかな。偏差値50程度の高校から進める大学なんてたかが知れてるじゃん。
私みたいに勉強嫌いで,大学にも行かず10年間遊び続けた人間が進学について語る資格はないか。
でも,お嬢さんが親や地元に縛られちゃうと春秋が削られちゃうみたいで可哀想かな。
自立できる職種なら地元就職も不可能じゃないけどね。
でも,偏差値50はハードル低すぎないか?


niwatadumi
2014年11月09日 20:27
天使さん、そう、ふるさとは遠きにありておもうものだと僕も思います。なお、今定修で御社の古参検査技術者に久々にお会いしました。元気そうで何よりでした。(御社からの転職を考え新聞の求人広告をもらいに自宅へ行ったことがあるのです(笑))
niwatadumi
2014年11月09日 20:32
大魔王さん、偏差値50がハードル低いと思うのは賢い子のご家庭です。うちはとても普通でしかも知識欲がない…。そして親や地元に縛られるという意識ではなく自らここで暮らし続けたいという視野の狭いお嬢さんなのです。こういうのがカワイイというのでしょう!ワハハ(バカ親)

この記事へのトラックバック