定修の長いトンネルを抜けると秋であった

6月後半から始まった今年の定修モードがようやく終わりを迎え、ふと気付けば熱中症対策に明け暮れた季節はとうに過ぎ、星落秋風五丈原(いや、誰も死なないケド)。

終わらない定修はないというわりにだらだらと残工事が発生して極まりが付かない感もありますが、区切りと言うことで今日は風邪によるダウン以来のお休みをいただきました。そうしてひたすら体力回復のため(?)くうねるあそぶ。
昨夜は読書がてらビール三昧、今朝は7時に起きはしたものの朝食をいただいて二度寝を決め込むも、腰が痛くなりそうだったので10時過ぎに起床。家内も今日は休みだったけれども市の特定健康診断で出かけてしまい、残された僕は何をするでもなく読書やスマホでのSNSやら自宅で非生産的に時間を無駄遣いしておりました。そして昼食後は昼寝。しかも2時間。気が付けばもう4時近くなっていて、不健康な一日を後悔しつつ、せめて外の空気を吸うくらいはしておこうと思い、おかのうえ図書館まで。

昨夜からまた高橋克彦の「写楽殺人事件」を何度目かの再読に入ったのだけれど、8月の農(?)閑期にも高橋克彦の「総門谷」を再読したことを思い出し、続編である「総門谷R」もこの際一気におさらいしておこうと思い付いての図書館行きでした。自宅の書棚には「総門谷R 阿黒編」だけ欠落しているのですが、9月はなかなか図書館へ行く時間がなかったこともあって、書棚にあった半村良の「黄金伝説」と「石の血脈」を再読していました。

そんなわけで娯楽小説ばかり読んでいた定修期間。仕事に結びつくような工学方面の実用本はまったく読まずに過ごしてしまいました。でも、そろそろ来年受けようと思っている試験のための勉強を始めないと。
今年は定修のためにその試験を受けるのを諦め、父の3回忌への出席も諦めたのでした。

まあね、僕がいなくても監督さんたちがしっかりしているから現場は動くんだけどね。

さて、明日からは清算処理に工事報告書作成とデスクワークに入ります。報告書も監督さんたちがしっかりしてるから…。

そうしてまた、もとの生活に戻るのです。





「日本ブログ村」のランキングに参加中。下のバナー(アイコン)を一日一回ポチっとクリックして応援お願いします。
にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ 技術・工学ランキング
にほんブログ村 科学ブログへ

この記事へのコメント

大魔王
2013年10月02日 09:25
読書の秋ですね。
最近,買った本は「湖底の城」。宮城谷昌光さんの本です。
伍子胥のお話ですね。以前,海音寺潮五郎さんの「孫子」を読んで物語の下りは承知してるんだけど,宮城谷さんだとどうなのかな?と言った所ですね。
お休みと言えば,もうすぐ31回目の結婚記念日なので休みをとってシャガール展でも見つつ食事に行って来よう。
松茸ご飯が食べたいな。
天使
2013年10月02日 13:56
久しぶりです。
「テイシュウ」の秋です。ほんとに終わるのか自信が持てません。日本の文化として定着した感もありますが、不思議な風習です。家庭では、また飲み会なの!「テイシュウだからね」とか会社では、また試験に落ちたの!「テイシュウだからね」という使われ方をします。この風習が善を成すふりをした悪なのか、そうでないのか解かりませんが、もし終わった時には、一人で飲みに行くのです。
そうそう、最近買った本は夏目漱石の三四郎です。

ばふ
2013年10月02日 18:40
自分、今年は定修以外の日常業務みたいな現場は入れず終了しそうです。
niwatadumi
2013年10月02日 23:23
大魔王さん、某国の古代物ですか…。某国は日本の古代物なんて興味無いんだろうなぁ…。
天使さん、鄭州といえば某国ですね…。でも日本近代文学を今読むことはたいへん良いことです。
ばふさん、そういう稼業を選んだあなたは立派です。

この記事へのトラックバック