中学生もタイヘンなんですね

自分で言うのも何ですが、我が子にはとても甘いバカ親だと自覚しております。目に入れても痛くない、そんなムスメhiwa嬢(中学1年生)は今日の放課後英語検定5級を受験してきました。インターネットで過去問を試したところ4級はアヤシイけど5級なら合格できそうだと判断して申請したのです。小学校のころからECCに通ってたわりには頼りない感じですが、バカ親としてはhiwa嬢の能力不足ではなくECCに問題があるのではと思っていたりします。率直に言うと、受講料返して欲しいくらいです(センセイ、ごめんね)。先ほどそのECCに送り届けてきたのですが、今夜も英会話ではなくえいごあそびをしているのでしょう。まあね、週1回1時間少々の英会話教室じゃダメだってことでしょうか。

さて一方、中学校の方はどうかと言うと、小学校の時と同様に前後期制なので中間テストがようやく今月末にあるとのことで、定期テストに向けた家庭学習の目標と達成度を記録するための用紙を渡されたようです。それによれば残り2週間で最低40時間勉強しろとあります。1日2時間じゃおっつかない数字。休日に固め打ちしなければなりません。しかも塾の時間は算入不可。うちは今のところ学習塾には行っていませんから関係ないので、電車で隣町の学習塾まで通う同級の子たちは大変だなぁと、まさに他人事。

でもね、部活から帰宅すれば18時過ぎ(僕の帰宅は18時前!)、それから風呂に入ったり晩ご飯食べたりですぐに20時。そのあと3時間勉強したら就寝は0時近くなる。hiwa嬢は朝練のために6時15分頃登校するので、起床は僕より早い5時半。いまどきの中学生はサラリーマンより長時間家をあけているのでした(逆にそんな定時サラリーマンだから学習塾にも通わせられないのか?)。中学生もけっこう疲れる生活なのね…ということになるのですが、でも学校がその40時間分を子供に押しつけてしまうのはどうかとも思うのです。教え方がヘタだからテストのための自主勉強を強制するハメになるのでしょう。家庭学習なんて家庭の采配部分じゃないのかな。
塾にやれない僕のような甲斐性なしの子はそれなりの進学しかできない(たとえ賢くてもね)だろうし、お金持ちの子は進学塾へばんばん通っていい学校へ進学する、そんな格差は学校が埋めてくれようとしなくていいんじゃないか。そんな気を使うことができるんならセンセイたちがもっと指導方法を勉強しなさいと言いたい。塾へ行かなくてもいいような教育を施してくれなきゃ。

そのまえにムスメのリュック、何とかして頂戴。毎日10kg超の荷物を持って2km弱を歩いて通っているのです。体力が付いていいという向きもあるでしょうが、「かわいそう」です。いや、バカ親がそう思うだけで、ムスメ本人は「しょうがない」と捉えているのですが、無意味な負荷は体罰と変わらないのではありませんか?教育委員会の皆さん。

ついでに言っておきますが、正門を入ってすぐの建物、ガラス張りの壁で内階段がスケスケですが、大地震でガラスが壊れたらあの階段は破片がいっぱいで使えませんね。職員室前だから生徒はほとんど利用しないといってもいざという時は避難路になるのではないでしょうか。外側もガラスが飛散してアブナイ。2次災害の温床としか見えません。

という具合に、中学校に対して言いたいことが日々つのっています。いや、校長が替わった小学校についても言いたいことはあるのですが、それはまた別の機会に。

方向がずれてとりとめのない文句を並べてしまいました。お断りしておきますが、僕の友達にはガッコノセンセイもたくさんいます。彼らは決して人間としてヘンではありません。ヘンな組織にいるだけです。

おっと、そろそろECCにお迎えにいかなきゃ。あ、ECCやめれば塾に行かせられるかな…。




「日本ブログ村」のランキングに参加中。下のバナー(アイコン)を一日一回ポチっとクリックして応援お願いします。
にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ 技術・工学ランキング
にほんブログ村 科学ブログへ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック