ブルーベリー狩り@木更津

画像日曜日、家族3人でブルーベリー狩りに行ってきました。特に計画していたのではなく、思い付きで。と言っても、当初喫茶店「ベリーの森」(→ http://www.kisarazu-cci.or.jp/umai/map/102/index.html )へブルーベリージュースを飲みに行こうとしていたのですが、屋内でまったりするよりも野外でアクティブに、と考えた…かどうかは奥さんに聞かないと判りません…。

さて、木更津市矢那の「孫の手ブルーベリー園」(→ http://homepage2.nifty.com/circle-advance/bbindex.htm )を選んだのも偶然でしたが、僕的には当たりだったと思います。まあブルーベリー狩りってのは過去に一度だけ奥さんとマザー牧場で経験しただけでしたから比較する情報が少ないのですが…。

画像スタート地点から見上げた斜面は思いのほか広く、その斜面を上がり切ったあたりにある木々のトンネル(上の写真)をくぐると、さらに広々とした平地のブルーベリー畑が待っていました。

ブルーベリーの種類もいろいろあり(20種くらい)、しかも渡された農園のルートマップの裏には種類ごとに味覚の特徴を解説した表も印刷してあってたいへん親切で優れたガイドになっています。

画像肝心のブルーベリーの味ですが、美味しかったです。種類が多く歩き進むにつれ味が変わるので飽きない、これは農園の作戦でしょう。その作戦に乗せられて、おそらく過去3年間に食べた量以上のブルーベル―をいただいてしまいました。

甘さと軽い酸味、そうして野趣。時期としては終盤ですが、もうしばらくブルーベリー狩りは楽しめそう。1時間楽しめて大人1000円(小学生500円)、しかもお土産(100gほど持ち帰り)付き。帰宅後半冷凍して食べたらまた美味かった。来年も行ってもいいかな。





「日本ブログ村」のランキングに参加中。下のバナー(アイコン)を一日一回ポチっとクリックして応援お願いします。
にほんブログ村 科学ブログへ にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ 技術・工学ランキング

この記事へのコメント

天使
2012年08月21日 20:17
家族3人でブルーベリー摘みですか、ほほえましいですね。私も夏休みに上層部と2人で土気のホキ美術館に行きました。写実主義の絵と言う単純な絵画ではなく、写真を超えた何かが垣間見られました。入場料は1500円でお土産もありませんが、心の中にブルーベリー畑が広がった気が致します。(心は満たされてもお腹は空きます、ごめんなさい)
niwatadumi
2012年08月22日 19:37
天使 さんの上層部って、奥さんだけと思ってました。
>心は満たされてもお腹は空きます
すぐに現実に戻ってしまうのは大人の悪いところですね。

この記事へのトラックバック