定修の長い出勤を抜けると、そこは秋だった。

気がつけば日曜日。日暮れも早まり、隣家の金木犀が少しひんやりとした風に香り立つ。

気がつけば秋。休みになったら着るつもりだった短パンとTシャツが脱衣籠に入ったまま。作業着とパジャマで過ごす日々の中で、衣替えも忘れていました。

そうして、台所には栗とアケビ。画像










気がつけばMT3の試験までもうあとひと月。今年は「合格」に縁のない年だと、心はすでに来年へ。

それでも定修は終わるのでありました。
休日出勤もこの3連休が最後になるよう、残工事と報告書をまとめなければなりません。

次の土日は休めるかな。土曜日はPTAのソフトボール大会だけど、練習には全く参加していないのでした。それ以前に工事作業でしか身体を動かしていないので、またアキレス腱でも切れやしないか心配の方が先に立ちます。

トシを感じるなあ…。

次の土日が雨降りならば。
一日中、眠っていられるのに。




「日本ブログ村」のランキングに参加中。下のバナーを一日一回ポチっとクリックして応援お願いします。
にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック