3バーディーダブルパー付き

世界ゴルフ殿堂に名を連ねるゲーリー・プレーヤー(Gary Player)といえば、南アフリカにおけるゴルフの先駆者、メジャー4大会すべてで優勝したグランドスラマー、そして茂原市にある真名(まんな)カントリークラブゲーリー・プレーヤーコースの設計を手掛けた親日家でもあります。
今年限りでメジャーのひとつであるマスターズの引退表明をした彼に会うべく、県民の日の協賛事業『ゴルフフェスタCHIBA2009』を利用してその真名に行ってきました。と言っても本物のプレーヤーさんではなく、彼の銅像に会いに。

画像メンバーはいつものF島さん、すっかりゴルフ仲間に引きいれてしまったN本Mさん、そうしてもう一人はN本Kさん。この人は客先で偶然邂逅した10数年前の練習場仲間です。去年一度一緒にラウンドして以来の同行。彼の新型プリウスの助手席にふんぞり返って送迎までしてもらいました。

天気は処暑という言葉通りカラッと晴れて日陰の涼しい日でした。でも日影にはあまり行かなかったな、フェアウェイばかり歩いてたからな…。ということはつまりスコアは良かった、ということですね、へっへっへ。

INコーススタートだったのですが、スタート前に反対のOUTコース側に立っているプレーヤーさんを撮影してお祈りしたのが効いたのか、2バーディー5ボギー1ダブルボギー。2バーディーというのが僕にしてみれば快挙なのであります。ついでに自慢すると、15番と2番のロングホールは2オンしてイーグルチャンスだったのです。2番の方はそのあと3パットしてしまったのですけどね…。後半は、昼食時のナマ中が800円以上もするので小瓶で我慢したのがいけなかったのでしょう、1バーディー2ボギー1ダブルボギー、1トリプルボギーに1ダブルパー。いや、アウトの4番まではパープレーだったのですが、2番の3パットの後遺症もあったのか5番でダブルパーを叩いて以降大きく崩れてしまったのでした。前の晩のナイトウォーク疲れが出たのかも知れません。…すべては言い訳ですね…。

結果41+46。それでも80台で回れたし、なにより3つもバーディーを取ったのには少し自信が出てきました。次回が楽しみです。いつ行けるかなぁ…。

このところ不調らしいF島さんは94、110切りを目指しているN本Mさんはパーを2つ取るも112。ちなみにそのパーは僕がダブルパーを叩いたホールでした…。70台を狙うN本Kさんはよく知らないコースでキャディもつかなかったせいか90でした。でもみんなオヤジ的休日を楽しむことができたようで、まだまだゴルフはやめられそうにありません(いや、考えたこともないけど)。

バブルの頃に出来た贅沢なつくりのクラブハウスを出る時に、次回ここでプレイする時はINもOUTもスタート前にゲーリー・プレーヤーさんに願掛けしようと心に決めたのでありました。





「日本ブログ村」のランキングに参加中。下のバナーを一日一回ポチっとクリックして応援お願いします。
にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック