休日も訓練

市原市辰巳台の友人宅を訪れた帰路、市原市総合防災センターの横を通りかかったら消防レスキュー隊の方々が訓練をしていました。世間がゴールデンウィークでも彼らは頑張っているのですね。道端にクルマを寄せてhiwa嬢と一緒にしばらく訓練の様子を見学しました。

画像写真はビルを模した訓練塔の屋上から外壁伝いにロープで降りる隊員。どうやら屋上にウィンチがあって、下降する人とウィンチ操作する人とが合図を取り合っての作業のようです。ロープ1本に体を預け壁に垂直に立つ隊員さんを見て、hiwa嬢は「かっこいい」と。

出動の無い時はこうして訓練に励む、これには頭の下がる思いです。
僕も検査会社員だった頃の不稼働時には実技練習をやってましたが、こちらは利益を上げなきゃならない時間を食いつぶしているわけですから心苦しい一面もあります。でも人材育成という側面から見れば会社として当然すべき業務の一環とも言えます。

さて、僕がテストピース相手に探傷訓練する姿を見たらhiwa嬢は「かっこいい」と言ってくれるでしょうか…。その時は、せめて、派手なツナギを着るべきなんでしょうね。





下のバナーをひとつクリックすると「日本ブログ村」へジャンプし,同時にランキング投票となりますので,ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

この記事へのコメント

yama
2009年05月04日 11:21
春休み、従業員の中学校の新3年生の息子に、鉄骨UTの補助員のバイトをさせました。
親父に対する態度(いいほうにね)が変わったり、息子は、改造の出来るプレステを買うことができたりと、大成功でした。
嫁さんや、ばあさんからも私のところに、煮物が届いたりと、思わぬ副産物がありました。
niwatadumi
2009年05月04日 23:05
yama さん、こんばんは。
その子に灼熱の夏や厳寒の冬も鉄骨UTを手伝わせたら、お父さんのことを尊敬するようになるでしょうね。同時に検査屋さんの作業環境の厳しさを見ても逃げないようであれば将来有望ですね。
yama
2009年05月06日 11:29
近親者に会社を譲るということに抵抗はあるのですが、私には子供がいないという事もあり、従業員には、「一番いい息子を入社させろ、そいつに会社を格安で売ってやる」といつも言っています。「そのあと、俺をパートで使ってくれ」とも言っています。
本心です。売れる会社にすることが、今の私の仕事の一つです。
niwatadumi
2009年05月07日 00:20
yama さん、コメントがかっこよすぎて(重すぎて)返す言葉がありません…。
僕のブログらしくツッコミを入れるなら、「買えないほど高くなっちゃったりして」…。

この記事へのトラックバック