マーク・E・エバハート 著 「ものが壊れるわけ」

画像河出書房新社発行のマーク・E・エバハート 著 / 松浦俊輔 訳「ものが壊れるわけ」を読んでいます。引き込まれるように。

昨日袖ヶ浦市立おかのうえ図書館から借りてきて、まだ半分ほどしか読んでいないのですが、これは自分の書棚に必要と思いました。
 
非破壊検査屋として、金属工学・金属科学にかかわるものとして、3回以上読むべき本と感じています…なんてことはさて置いても、知的好奇心をくすぐる読んで面白い本です。明日も早いのに睡眠時間が惜しいくらい。ブログ記事をタイピングすることさえ。







下のバナーをひとつクリックすると「日本ブログ村」へジャンプし,同時にランキング投票となりますので,ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック