フリーソフトで古ィ曲

若かりし頃カセットテープに録音したカセットテープの中身をフリーソフト「Sound Engine Free」を使ってデジタル化しています。そうしてできた重いwaveファイルを軽いmp3ファイルに変換して保存するという計画。
mp3ファイルへの変換は「Lame Ivy Frontend Encoder」という、これもフリーソフト。使い勝手は良好です。こういうソフトを作ってしまえるって、すごいことですね。
さて、mp3に変換するということは音質はやはり落ちるので、同じアルバムの中でもお気に入りの曲はwaveファイルのままで別に保存します。DVD-RWが何枚で収まるでしょうか。その前に何年かかるでしょうか。こんなのがライフワークになったらいやですね。
この作業を通してほとんどのカセットテープを聞きなおすことになるわけですから、少なくともmp3曲はおそらくデジタル化してみたものの再生する機会もなくまた眠らせてしまいそうな気もします。
今夜は今井美樹の「A-LIVE for retour」をmp3に変えました。これは全曲をwaveのまま700MBのCDに入れようとすると容量不足になるのです。音質を取るか保存性を採るか。オーディオに興味を持っているモノとしては当然音質なのでしょうが、カセットテープはかさばるしテープも走行させないとくっついちゃいそうだし。磁気の保持力も永久ではないわけだし。…言いわけですね…。
もうひとつ、なぜ今井美樹なんだということに対して言いわけをしておくと、彼女のアルバム(CD)って意外と音質が良かったのです。その後は知らないけど。しかも当時バンドでベースをやってた僕におあつらえ向きの低音を効かせた録音です。彼女の細いけれど伸びやかな声といいコントラスト。でもmp3で聴くとやっぱり…。




下のバナーをひとつクリックすると「日本ブログ村」へジャンプし,同時にランキング投票となりますので,ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ

この記事へのコメント

デハボ1000
2008年07月04日 01:06
iPOT等を持ち歩かない(音楽を聴きながら歩いていて側溝に落ちたことがある)私ですが、テープの音楽を再度聴きたいと思ったことはあります。
但し遅かった。私の持っていたテープは全部ワカメになり廃却してしまいました。
悪魔
2008年07月04日 09:05
カセットテープからCDRとは・・・・気が遠くなるような作業ですね。ヨドバシで320GB外付けハードディスクが1万円足らずだった様な気がします。700MBのCDR単価より安いし,作業は早いし,容量も気にしなくても良いんじゃないの。CDRと違ってPCにつないでおけばBGMとして曲を流し続けていられるでしょ。多様性と作業性を考えれば外付けハードがオススメです。
天使さんのブラックミュージック云々は恒例だったの??初めて知りました。
niwatadumi
2008年07月04日 21:00
デハボ1000さん、こんばんは。廃却はもったいなかったですね。でもそのおかげで僕みたいに面倒なことをしなくて済むわけです。それはそれで幸せなことかも。
niwatadumi
2008年07月04日 21:07
悪魔さん、こんばんは。夕方日テレのニュース番組の特集コーナーに館山のジャズ喫茶「コンコルド」(前にブログで書いた気がします)が出てました。アンプ類が店を埋め尽くしています。僕が高校生の頃にすでに有名でした。ああいう人生もありですね…って、仙台じゃ見れないか。
悪魔
2008年07月07日 08:41
コンコルドのオヤジって「シテ島」を作ったりしてる人でしょう。ライン出力もヘッドフォン端子から取ったりしてるんだよね。仙台はオーディオにうるさい店はいっぱいあるけど,ああいったカルトオーディオ的な店は無いですねぇ。ちょっと残念かもしれないけど,無くてもそれほど残念じゃないかな。
niwatadumi
2008年07月07日 21:52
悪魔さん、こんばんは。今月、高校(春に甲子園へ行った安房高ですよ!)の同窓会があり館山へ行きます。時間があればお店を見てこようかな。

この記事へのトラックバック