袖ケ浦在住非破壊検査屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 自動ブレーキアシストでヒヤリ

<<   作成日時 : 2018/01/26 22:26   >>

トラックバック 0 / コメント 2

朝の16号上り線北袖から椎津への直線。2車線の左はLNGタンクトレーラが安全運転。その右少し先を低燃費チャレンジ中(?)プリウス。その後ろを走っていたステップワゴン(2015年型 SPADA・Cool Spirit Honda SENSING)の僕は「よし、イケル!」とアクセルを踏み、一気にプリウスとの距離を詰め左へウィンカーを出しトレーラの前へ車線変更、そのままブッチギリ…と、想定していたのですが、そうは問屋がいやホンダが許してくれませんでした。

プリウスとの距離を詰めたとたんにホンダセンシングが作動しアラーム発令、左へ車線変更して前がひらけてもセンサーは解除されずCMBS(衝突軽減ブレーキ、自動ブレーキアシスト)が発動し勝手に急ブレーキをかけやがったのです。

いやぁ、トレーラに追突されるかとビビりました💦、それ以上にトレーラの運転手さんはびっくりしたことでしょう、ほんとにゴメンナサイ。

と謝りつつ反省しつつ、でもクロスロードのように運転支援なんてなかった頃は問題なくすり抜けてたのに…と思うのでした。

右折車の左すれすれをドアミラーたたんですり抜けようとするときもセンサーがアラーム&ブレーキかけるし、ちょっと僕の運転感覚とは相性が良くないのかな…。いやいや、もう僕の方がクルマに合わせて「安全運転」を心掛けなきゃいけないってことなんでしょうね。

でも周辺車両もパラメータとしてプログラミングしたら解消されそうだけどな。

まぁね、そもそも元気に走らせる類のクルマじゃないしなぁ(笑)というわけで、サポカー良し悪しってことで。

何はともあれ、事故にならなくてよかったです。

これをお読みになった方も、自動ブレーキは運転手の意志とは異なる思いがけない反抗をしやがるのでご注意くださいね。




「日本ブログ村」のランキングに参加中。下のバナー(アイコン)を一日一回ポチっとクリックして応援お願いします。
技術・工学ランキング

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
にほんブログ村 科学ブログへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
危なかったですね!と、言うのもなんだか微妙な事案ですが、技術と安全が予想以上の現実になる日が近いのでしょうか。でも、自分の意思通りに走らせられない車は正直嫌です(笑)
kei
2018/01/27 01:55
keiさん、こんばんは。
自動運転ってつまらなそうですよね(笑) 合理性を求めれば遊びは無くなるもので。
niwatadumi
2018/01/27 23:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
  
自動ブレーキアシストでヒヤリ 袖ケ浦在住非破壊検査屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる