袖ケ浦在住非破壊検査屋

アクセスカウンタ

zoom RSS そして10月。

<<   作成日時 : 2016/10/01 22:26   >>

トラックバック 0 / コメント 1

画像近所の個人商店が家屋解体作業中です。

店をたたんでもう5年くらい経ったでしょうか、シャッターはずっと閉められたままながら、タバコと飲料の自販機、公衆電話はずっと稼働してたのに、さっき見たら真っ暗でした。
hiwa嬢が小さい頃はよく駄菓子を買いに行ったし、当時はまだ喫煙者だったのでタバコを買いにもよく行ったっけ。

近所がこの10年でどんどん様変わりしています。
富士石社員寮のあった場所は住宅が建ち並んだし、ゴルフ練習場も整地して宅地になっている。歩いて行けたスーパーはドラッグストアに変身したと思ったら今ではリサイクルショップ。
近所だけでなく市内各所で宅地化が進み、コンビニが入れ替わり立ち替わり、思い出の風景が消えています。

変わることは悪いことではないけれど、その変化にこころが追い付かないだけなのです。

なぁんて感傷っぽいのは、どうやら秋のせいかもしれません。
早や金木犀の香る季節になりました。




「日本ブログ村」のランキングに参加中。下のバナー(アイコン)を一日一回ポチっとクリックして応援お願いします。
技術・工学ランキング

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
にほんブログ村 科学ブログへ

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
そうですね、子供のころからそこにあった風景が無くなってしまうのはとても寂しい事だと思います。神戸も1995年1月17日を境に、昔と違う街に生まれ変わりました。21年も経つと風景の輪郭が曖昧になり、残しておきたい思い出もそこから流れて行き、好きだった女の子に振られた記憶だけが残っている様な気がしてなりません。生まれ変わるのも大変です。
天使
2016/10/02 16:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
  
そして10月。 袖ケ浦在住非破壊検査屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる